ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

赤ちゃんの日焼け止めはいつからOK?正しい選び方と塗り方

投稿日:

赤ちゃん 日焼け止め

赤ちゃんにも日焼け止めで紫外線対策をしてあげましょう!

今回は、赤ちゃんに日焼け止めを使い始められる時期・赤ちゃん用の日焼け止めの選び方・日焼け止めの塗り方について、詳しくご紹介していきます。

正しく日焼け止めを使用して赤ちゃんの皮膚を守ってあげましょう。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

赤ちゃんが日焼け対策をする必要性

赤ちゃんのお肌はスベスベで触ると気持ちが良いですね。

赤ちゃんの皮膚は、大人の約半分の厚さしかなく、とても薄いのです。皮膚が薄い赤ちゃんは、紫外線によるダメージをより受けやすいので、紫外線対策をしっかりとしてあげないといけません。

紫外線を浴びとは、皮膚ガンのになりやすくなったり、シミやシワができやすくなったりするので、赤ちゃんの時から日焼け対策はしっかりと行いましょう。

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?

生後1ヶ月までの赤ちゃんは、ほとんど外に出る機会がありません。生後1ヶ月健診が終わると少しずつ外に出るようになります。

生後3ヶ月頃になるとベビーカーや抱っこでお散歩や買い物に行く機会が増えてくるでしょうから、外出時は、顔や素肌が出ている部分には日焼け止めを塗ってあげましょう。

特に上に兄弟がいる赤ちゃんは、上の子の用事で、小さな頃から外出する機会が多くなる傾向にあります。紫外線対策は、しっかりとしておきましょう。

赤ちゃん向け日焼け止めクリームの選び方

赤ちゃんに日焼け止めクリームを塗ってあげる時には、繊細な赤ちゃんの肌に塗っても安心な日焼け止めクリームを選んで塗ってあげてください。

無添加・低刺激のものを選ぶ

赤ちゃんの肌のことを考えると、無添加・低刺激の日焼け止めクリームを使ってあげましょう。

購入前に商品の成分表の欄を必ず確認してください。パッケージに「赤ちゃんにも使用出来ます」と記載されているものは、無添加で低刺激のものが多いです。

洗い流しやすいものを選ぶ

赤ちゃんに使用する日焼け止めは、ベビーソープを使って水やお湯で洗い流せるものにしてください。日焼け止めの中には、成分によりクレンジングでないと落とせないものもあります。

赤ちゃんには、クレンジングは使用できませんので、ベビーソープを使用して水やお湯できれいに洗い落とせるものにしましょう。

行き先により強さを変える

日焼け止めクリームには、商品により日焼けに対する強さが異なります。

お買い物などの普段のお出かけには、SPF10~20のもので対応できます。

公園や海などに遊びに行く時には、SPF20~40の少し強めの日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。

赤ちゃんへの日焼け止めクリームの正しい塗り方

日焼け止めクリームの塗り方を間違えると、せっかく赤ちゃん用の日焼け止めクリームを準備しても、効果がなくなってしまします。

赤ちゃんへの正しい日焼け止めクリームの塗り方をご説明します。

使用前にパッチテストをする

赤ちゃんに日焼け止めクリームを使用する際には、赤ちゃん用の低刺激の日焼け止めであっても、事前にパッチテストを行ってください。

パッチテストで皮膚が赤くなるなど異常があった場合は、使用をやめてください。

薄く伸ばして塗る

日焼け止めクリームは、薄く伸ばして全体にまんべんなく塗ります。

そのとき、日焼け止めクリームを塗る前に、ママの手をきれいに洗うことを忘れないでください。ママの手が汚れていると、赤ちゃんの肌に汚れがついてしまう恐れがあります。

塗りもれに注意

日焼け止めクリームを塗る時には、細かい部分を塗り忘れやすいので、気をつけてください。基本的に、素肌が見えている部分は、全部日焼け止めを塗ってあげるようにしましょう。

日焼け止めクリ-ムを塗り忘れやすい部分

  • 首(特に首の後ろは忘れやすいので注意!)
  • 手の甲
  • 足の甲(サンダルや裸足の場合)

小まめに塗りなおす

日焼け止めクリームは、汗や水でとれてしまいやすいです。

2時間おきぐらいで、一度肌をきれいに拭いたり洗ったりしてから、塗りなおしてあげましょう。

帰宅した後はクールダウンを!

赤ちゃんとの外出から帰宅した時には、赤ちゃんの肌のケアを忘れずに行ってください。赤ちゃんの肌は、大人の肌より弱いです。紫外線を浴びた後は、きちっとクールダウンをしてあげましょう。

日焼け止めを洗い流す

外出先から帰ってきた時には、シャワーやお風呂に入れて、日焼け止めをきれいに洗い流してあげましょう。日焼け止めと汗が混ざると、肌が汚れて荒れてしまう可能性があります。

肌を保湿してあげる

日焼け止めを洗い流した後は、保湿クリームを肌全体に薄く塗って、肌を保湿してあげましょう。紫外線を浴びると肌の水分が蒸発してしまいます。保湿クリームで肌に潤いを与えてあげましょう。

肌が赤くなった場合は冷やす

日焼け止めクリームを塗っていても紫外線が強い時期には、赤ちゃんの肌が赤くなってしまう場合があります。

帰宅して赤ちゃんの肌が赤くなっている場合は、日焼け止めクリームを洗い流して清潔にしたあとに、冷たいタオルなどで冷やしてクールダウンしてあげてください。

翌日になっても赤ちゃんの肌の赤みがひかないなど心配な点がある場合は、皮膚科を受診して相談してみると安心です。

水分補給を行う

外出さきから帰宅したら、日焼け止めを落とすとともに、お茶や母乳・ミルクを飲ますなどして、赤ちゃんの水分補給も忘れずに行ってください。

日焼け止めクリーム以外にも紫外線対策をしっかりと

赤ちゃんの紫外線対策は、日焼け止めクリームだけに頼らず、紫外線をできるだけ浴びさせないようにしてあげることが大切です。

日差しの弱い時間帯に外出する

紫外線が強い季節の赤ちゃんとの外出は、朝や夕方などできるだけ日差しが弱く、気温が低い時間帯にするようにしましょう。

ベビーカーには日よけをつける

赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出する時には、ベビーカーに日よけをつけて紫外線対策を行ってください。

ただ、シート部分に風が入らないとシート内の温度が上がってしまいますので、隙間を空けて風通しをよくしてあげることも忘れないでください。

抱っこ紐での外出時には日傘をさそう

赤ちゃんを抱っこ紐に入れて外出する時には、ママは日傘を差して赤ちゃんに紫外線が当たりにくいようにしてあげましょう。

赤ちゃんの手や足までカバーできるように、大きめの日傘がオススメです。薄いおくるみなどを抱っこ紐の上からかけてあげて、肌が外にでないようにしてあげると更に良いです。

赤ちゃん連れでの外出は短時間で済ませる

紫外線の強い季節の赤ちゃんを連れての外出は、できるだけ短時間で済ませるようにしてください。

暑い中での赤ちゃん連れでの外出は、紫外線を浴びてしまうだけでなく、熱中症などになってしまう可能性もありますので、外出中の水分補給も忘れずに!

まとめ

赤ちゃんの将来のためにも赤ちゃんの紫外線対策は、しっかりと行いたいですね。

赤ちゃんを外につれて行く時には、日焼け止めクリームを塗ってあげて紫外線をできるだけ浴びないようにしてあげましょう。

赤ちゃんに日焼け止めクリームを使用する時には、無添加・低刺激の安心なものを選んで、塗り漏れなくきちんと塗って、小まめに塗りあげてください。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.