ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

抱っこ紐オススメ4選!抱っこ紐のメリット&選び方

投稿日:

抱っこ紐 オススメ

抱っこ紐を購入しようと考えている方へ。

抱っこ紐のメリット・抱っこ紐の選び方・オススメの抱っこ紐をご紹介します。

抱っこ紐を購入してから「使いづらい・・・」と後悔することがないように、じっくり選んで決めましょう!

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

抱っこ紐を使うメリット

抱っこ紐は、赤ちゃんとママのとってメリットが沢山あります!

赤ちゃんを連れての外出は、大変なので、良い抱っこ紐を使用して少しでも楽に外出していですね。

両手が空く

抱っこ紐の良い所は、両手が空くということ!

ベビーカーだと必ず片手でベビーカーを押さなければいけませんが、抱っこ紐なら両手がフリーになります。

ママの体への負担が少ない

良い抱っこ紐は、ママの腰や肩への負担が少ないように設計されています。

赤ちゃんを抱っこしている時間が長いママは、どうしても肩こりや腰痛に悩まされます。

ママへの負担が少ない抱っこ紐だと、長時間のお出かけも楽に過ごすことができます。

赤ちゃんも安心できる

抱っこ紐は、赤ちゃんがママの胸にしっかりと密着できるようになっているので、赤ちゃんもママの体温が感じられ、安心できます。

ベビーカーに乗せられると泣いている赤ちゃんが、抱っこ紐に変えた途端に泣き止むということもあります。

抱っこ紐だとママの体温が感じられてよく寝るという赤ちゃんも多いです。

ベビーカーよりも動きやすい

ベビーカーで外出するとエレベーターやスロープを探して遠回りしたり、エレベーターの順番待ちをしたりしないといけないので、無駄に時間がかかってしまいます。

また、狭いお店にベビーカーで入るのは、気が引けます。

抱っこ紐だとエスカレーターや階段を利用できるので、動きやすいですし、狭いお店にも入ることができます。

電車っやバスに乗りやすい

ベビーカーで電車やバスに乗るのは、他の乗客の邪魔になるのではと気を遣います。

特に満員電車にベビーカーを乗せるのは、気が引けますし、赤ちゃんも可哀想です。

抱っこ紐なら、それほど邪魔になりませんし、赤ちゃんもママと同じ目線で過ごせるので安心できます。

抱っこ紐の選ぶ時のポイント

抱っこ紐を選ぶ時は、色々な商品を比較して自分にあうものを選びましょう。

かならず購入前に試しに着けてみることをオススメします。

ネットショップで購入する場合には、返品可能な商品だと安心です。

日本の安全基準を満たした商品であるか

一般財団法人製品安全協会による認定を受けた「SGマーク」がついている商品であるかを確認してください。

近年、抱っこ紐による事故が発生し問題となりました。

最近は、インターネットで並行輸入品の抱っこ紐を購入することができますが、赤ちゃんに使用するなら安全が第一です。

必ず国内の安全基準を満たしたものを使用してください。

赤ちゃんの月齢にあっているか

抱っこ紐は、必ず赤ちゃんの月齢にあったものを選んでください。

商品によっては、首が座り前の赤ちゃんには、使用できないものもあります。

また、新生児が使用するには付属品の購入が必要なものもあります。

夫婦で使えるようにサイズ調整ができるか

抱っこ紐をパパとママで一緒に使えるように、サイズ調整ができるものを選びましょう。

家族でもお出かけ時に、パパに抱っこして貰えるとママも助かりますね!

色々な使い方ができるか

横抱き・縦抱き・おんぶと、色々な使い方ができる抱っこ紐だと、子供の月齢や状況に合わせて長く使うことができます。

また、赤ちゃんのよっては、「抱っこが好き」・「おんぶの方がよく寝てくれる」など好みが分かれることもあるので、色々な使い方ができると助かります。

装着が楽にできるか

抱っこ紐は、楽に装着できるかという点も大切です。

短時間で赤ちゃんのオムツ替えをしなくてはならない・車から降ろす時に抱っこ紐に変えたい・ベビーカーから抱っこ紐に変えたいなど、赤ちゃんとの外出の場面では、素早く抱っこ紐を装着したいシチュエーションが沢山あります。

簡単に1人で装着できる抱っこ紐だと、助かります。

丸洗いできるか

抱っこ紐は、赤ちゃんと密着するので、赤ちゃんの汗などが移ります。

水で丸洗いできるものだと、清潔に保つことができるので、助かります。

抱っこ紐オススメ4選

数ある抱っこ紐の中から、オススメの商品を4つ厳選してご紹介します。

抱っこ紐は、毎日のように使う物、納得できる商品を選んでくださいね。

新生児から縦抱きOK!ベビービョルン ベビーキャリア ONE + AIR

ベビービョルンのベビーキャリア ONE + AIRは、首が座る前の新生児から縦抱きができる抱っこ紐です。

調節可能なネック・ヘッドサポートがついているので、首が座る前の赤ちゃんの姿勢を守ってくれます。

メッシュ素材で通気性抜群。ウエストベルトとショルダーストラップは、クッション性の良い素材を用いているので、ママやパパの体への負担も少なくなっています。

4通りの抱っこ・おんぶができ、新生児~4歳まで使用可能です。

抱っこ紐の定番!エルゴベビー アダプト

約10年前に日本に上陸して以来、ママ達から高い支持を得ているエルゴベビーの抱っこ紐。

その中でもアダプトシリーズは、付属品無しでも新生児から使用できるオススメのタイプです。

首が座るまでは、ヘッド・ネックサポートで赤ちゃんの首回りを優しく支えてくれます。

また、シートの位置は赤ちゃんの成長に合わせて三段階に調節できるので、赤ちゃんも楽な姿勢を維持することができます。

適用年齢は、新生児~4歳頃まで。

デザインにより価格が異なります。

持ち運び便利!napnapベビーキャリーCOMPACT

napnapベビーキャリーCOMPACTは、軽量・コンパクトサイズの持ち運びに便利な抱っこ紐です。

折りたたむとB5サイズのポーチ型になるので、ママバッグへ収納できますよ。

適用月齢は、だっこが、首すわり(4ヶ月)~24ヶ月(約13kg)、おんぶが、首すわり(4ヶ月)~48ヶ月(約20kg)までとなっています。

直ぐに抱っこしてあげられる!アップリカ コアラ メッシュプラス

アップリカのコアラメッシュプラスは、装着が素早くでき、赤ちゃんを直ぐに抱っこしてあげることができる抱っこ紐です。

新生児の時は、ママの腕に横抱きされている状態に近い角度で抱っこができ、縦抱き・前向き抱き・おんぶと4通りの使用方法があります。

メッシュ素材で通気性も良く、赤ちゃんも快適に過ごせます。装着したまま腰部分に纏めてコンパクトにできるもの、助かります!

適用年齢は、新生児~36ヶ月頃(15kgまで)。

前開き設計!キューズベリー おんぶ抱っこひもインナーメッシュ

キューズベリーのおんぶ抱っこひもインナーメッシュは、前にファスナーがついているので肩紐を外さずに赤ちゃんを出し入れできるという画期的な設計の抱っこ紐です。

外出先で寝てしまった赤ちゃんを家に戻りそのままベッドに寝かしつけようとしても、抱っこ紐を外しているうちに赤ちゃんが起きてしまうというケースはよくあります。

前開きなら、スムーズに赤ちゃんを下ろせるので、赤ちゃんも目を覚まさずにすみますね。

軽くてコンパクトな設計もママには嬉しい!

適用年齢は、首が座り~15kgまで。

まとめ

良い抱っこ紐を選ぶと、赤ちゃんとのお出かけが楽になります。

着け心地・用途・素材・価格などを考慮して、一番良いと思える抱っこ紐を選んでください。

最近は、デザイン性の優れた抱っこ紐も登場しています。

お気に入りの抱っこ紐だと、ママも楽しく赤ちゃんとお出かけできますね♪

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.