ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

離乳食はいつから始めるの?開始の目安と初め1週間のメニュー

投稿日:

離乳食 いつから

離乳食をいつから始めれば良いのか悩んでいるママの方々へ。

今回は、離乳食を始める目安の時期と離乳食を始めてから一週間のメニューを日替わりでご紹介していきます。

離乳食の開始のタイミングは、赤ちゃんによりそれぞれ。赤ちゃんの様子を見ながら開始時期を決めてください。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

離乳食はいつから始めるの?

離乳食を開始する時期は、赤ちゃんにより様々ですが、一般的に生後5~6ヶ月頃から始める赤ちゃんが多いです。

育児書では、生後5~6ヶ月のことを離乳食初期と呼んでいます。

離乳食の早く始めすぎはNG

「うちの子、発育が良くて生後3ヶ月だけど5ヶ月の平均値を超えているから、離乳食スタートした方が良いの?」と考えているママもいるかもしれません。

離乳食開始の目安は、体重の増加だけではありません。

離乳食を消化するためには、消化器官の発達が必要になります。

目安の月齢よりも早すぎると離乳食を開始しても、上手く消化できない可能性がありますので、焦って始める必要はありません。

離乳食開始時期は昔より遅くなっている

離乳食の開始時期や進め方については、昔と比べて随分変化しています。

最近では、離乳食を早く始めすぎるとアレルギーや喘息を引き起こしやすくなる可能性があると指摘する専門家もおり、離乳食の開始時期は、遅くなる傾向にあります。

離乳食を開始する目安

まだ話せない赤ちゃんは、ママに「離乳食を食べたい」とお願いすることはできませんが、赤ちゃんの様子をよく観察してみると、離乳食を食べたいという合図を出しています。

離乳食を開始してもOKというサインを赤ちゃんが出していれば、離乳食をそろそろ始めても良い時期かなと考えてください。

首がしっかりと座っている

生後3~4ヶ月頃になると徐々に首が座り始めます。

徐々に抱っこしていても首がダランとならなくなり、首がしっかりしてきます。

お座りが安定してきた

首がしっかりと座るようになると、次は、お座りができるようになります。

初めのうちは、座らせても直ぐに倒れてしまいますが、生後5~6ヶ月頃になるとお座りが安定するようになります。

お座りが安定していると、離乳食も楽に食べさせられます。

手にした物を口の持って行くようになった

枕元にあるオモチャやタオルなど手にした物を自分で口に持って行くようになると、そろそろ離乳食を始めて良い頃です。

手にした物を口の入れてしまうのは、赤ちゃんの成長の証です。赤ちゃんが口に入れそうなものは、清潔にしておきましょう。

大人の食事に興味を示してくる

ママやパパが食事をしていると興味を示して手を伸ばそうとしてきたり、お口をモグモグと動かしたりしてくると、離乳食をスタートしてもOKな時期と判断しましょう。

生後5~6ヶ月頃になると、積極的にママやパパが食事する姿を見せて、食べることに興味を示すように導いてあげるのも良いです。

離乳食最初の1週間のメニュー

離乳食を開始したら、急に沢山食べさせずに、徐々に量を増やしていきましょう。

初めのうちは、10倍粥をすりつぶしてドロドロ状態にしてから食べさせてあげましょう。

  • 1日目:10倍粥 小さじ1杯
  • 2日目:10倍粥 小さじ1杯
  • 3日目:10倍粥 小さじ2杯
  • 4日目:10倍粥 小さじ2杯
  • 5日目:10倍粥 小さじ3杯
  • 6日目:10倍粥 小さじ3杯
  • 7日目:10倍粥 小さじ3杯

10倍粥とは?

10倍粥とは、お米1:お水10の割合で炊いたお粥のことです。

炊飯器のお粥メニューで作ることもできますし、お鍋でグツグツと煮て作ってあげてもよいです。

赤ちゃんの食べる量はほんの少しですので、多めに作り1回に食べる量ごとに小分けにして、冷凍保存しておくと離乳食作りの手間が省けます。

離乳食は午前中から始めてみましょう

離乳食を始める時は、まず午前中から開始してみてください。

朝ご飯から始めることをオススメするのは、離乳食を食べて赤ちゃんがアレルギー反応を起こすなどいつもと変わった様子がみられた時に午前中であれば、すぐに小児科を受診できるからです。

ただ、ママも離乳食作りになれないうちは、ママやパパの朝食の時間に合わせて赤ちゃんに離乳食を食べさせるのは大変でしょうから、パパがお仕事に出かけて、ゆっくりと食べさせてあげられるタイミングで食べさせてもよいですね。

今後も離乳食を進めて行く過程で新しい食材を食べさせる時には、赤ちゃんの様子が変わった時にすぐに病院を受診できる時間に食べさせてあげてください。

日曜日や土曜日の午後は、小児科がお休みですので避けてください。

離乳食を開始したけど風邪で中断・・・どう再開するの?

離乳食を開始したけど赤ちゃんが体調を崩して、離乳食を中断してしまうことは、珍しいことではありません。

赤ちゃんが体調が悪い時には、無理して離乳食を与えず母乳やミルクだけで問題ありません。

赤ちゃんの体調が戻り離乳食を開始する場合は、中断する少し前の量や固さからやり直してください。

離乳食の進み方はは育児書通りには行きませんので、ママが焦らないことが大切です。

離乳食を始めたけど赤ちゃんが食べたがらない時の対応

離乳食を始めても赤ちゃんが中々お粥を食べてくれないという場合もあります。

少し工夫をしてみると、食べるようになってくれる場合もありますので色々と試してみましょう。

お腹が空いている時間に食べさせる

赤ちゃんがお腹がいっぱいの時に離乳食を与えても食べてくれません。

授乳から少し時間が空いたタイミングで食べさせてあげると、赤ちゃんもお腹が空いているので、食べてくれることもあります。

離乳食を嫌がる赤ちゃんは、一度離乳食のタイミングを見直してみると良いでしょう。

与えるスプーンを変えてみる

離乳食を与えているスプーンを変えてみると、急に赤ちゃんが離乳食を食べるようになることもあります。

銀製のスプーンを使用している場合は、柔らかいシリコン素材のスプーンに変えてみる方法もあります。

また、スプーンの大きさが赤ちゃんの口に入れるには大きすぎるということもありますので、一度大きさも見直してみましょう。

ママも一緒に食べるようにする

赤ちゃんが離乳食を食べる時に、ママも一緒に食事をしてみましょう。

ママが美味しそうに食事をする様子をみると、赤ちゃんも離乳食を食べたいと思うようになってくれることもあります。

赤ちゃんの機嫌の良い時間に食べさせる

離乳食は、赤ちゃんの機嫌の良い時間を選んで食べさせる方が、よく食べてくれやすいです。

赤ちゃんが眠たくてぐずっている時間に食べさせるのではなく、1人で機嫌良く過ごしてくれているような時間に食べさせるようにしてみましょう。

お散歩に出かけて気晴らしをしてから、食べさせるのも良いでしょう。

離乳食の野菜・果物・タンパク質はいつから?

離乳食は、お粥→野菜→タンパク質の順番で進めていきます。

新し食材を食べさせる時には、スプーン1さじからとし、徐々に量を増やして行きましょう。

野菜は、離乳食開始から1週間後を目安いに始めていきます。

初めは、人参・かぼちゃ・ほうれん草などを柔らかく茹でて潰してから食べさせます。

野菜を何種類か食べられるようになったら、次は果物をプラスしていきましょう。

離乳食開始から2週間~20後頃が目安になります。リンゴやバナナなど、甘くて食べやすい果物がオススメです。

タンパク質は、離乳食開始から3週間後頃から取り入れ始めると良いでしょう。

初めから肉など刺激の強いものでは無く、豆腐・白身魚などから進めて行ってください。

まとめ

離乳食は、赤ちゃんのペースに合わせて進めて行くのが基本です。

離乳食の進み方や食べる量は、赤ちゃんにより個人差が大きいものですので、

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2019 All Rights Reserved.