ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

バウンザーはいつから使える?便利な使い方&オススメ2選

投稿日:

バウンザー

赤ちゃんのために「バウンザー」を購入しようと検討中という方へ。

今回は、バウンザーを使いはじめる月齢・バウンザーの便利な使い方・オススメのバウンザーなど、バウンザーについて詳しくご紹介していきます。

バウンザーは、色々な種類のものがあるので、一番使いやすいというものを選ぶと活躍してくれるでしょう。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

バウンザーとは?

バウンザーとは、チェア(寝かせる)部分がユラユラと揺れるようになっている椅子のことです。

赤ちゃんをバウンザーに寝かせたり、座らせたりして使用します。赤ちゃんが動くと揺れてくれますし、ママやパパが椅子を揺らしてあげることもできます。

バウンザーを使い始められる月齢

バウンザーを使い始められる月齢は、その商品により異なりますが、新生児から使えるタイプのものが人気が高いです。

新生児と言っても、生後すぐというのはやはり不安ですので、生後3週間ほど経過してから使うと良いでしょう。

バウンザーの使用を終える時期も商品により耐荷重が異なりますので、確認して対象月齢や重量をオーバーしたら、安全のため使用は中止してください。

バウンザーの便利な使い方

バウンザーは、赤ちゃんの育児に必ず必要なものではありませんが、ママのお助けアイテムとして活躍してくれる場が多いベビーアイテムです。

バウンザーの便利な使い方をご紹介します。

ママが家事中に使う

平日は、赤ちゃんと2人で過ごすことの多いママにとって、赤ちゃんが愚図って家事が進まないのは、本当に困ってしまいます。

ママが家事をしている間は、ママの姿が見える位置にバウンザーを置き赤ちゃんを座らせてあげると、赤ちゃんも安心して愚図らないことがあります。

帰省や外出に持っていく

実家に帰省する時やお友達のおうちに遊びに行かせてもらう時に、バウンザーを持って行き赤ちゃんを座らせておくのも良いです。

実家やよそのお宅は、赤ちゃん仕様になっていないので、赤ちゃんを寝かせておくスペースがないこともあります。

バウンザーは、お布団より省スペースで赤ちゃんを寝かせておくことができるので、自宅以外の場所でも役立ちます。

寝かしつけに使う

バウンザーの程よい揺れが気持ちよくて、寝てしまう赤ちゃんもいます。赤ちゃんの寝かしつけは、大変です。

抱っこやおんぶで寝かしつけると、布団に下ろした途端に目を覚ましてしまうとういうこともよくありますが、バウンザーなら、そのまま寝かせておけるので楽です。

ママやパパが食事中に使う

ママやパパが、ゆっくり食事をしたい時に、赤ちゃんがバウンザーに座ってお利口にしていてくれると助かります。

ママとパパが見える場所にバウンザーを置いておくと、赤ちゃもママやパパもお互いに姿が見えるので、安心です。

バウンザーにお気に入りのオモチャを付けておく

赤ちゃんが自由に手を動かせるようになると、バウンザーに赤ちゃんのお気に入りのオモチャを取り付けてあげると、バウンザーに座りながら遊んでくれるので、便利です。

ガラガラや音がでるぬいぐるみ・ボールなどを取り付けて遊ばせてあげましょう。

バウンザー選びの3つのポイント

バウンザーを購入する時には、以下の3つのポイントに注目して選ぶと良いです。

バウンザー選びを誤ってしまうと、「せっかく購入したのに、活用できなかった」ということになってしまいますので、気をつけてください。

チェア部分が水洗いできる

バウンザーを選ぶ時は、赤ちゃんが座る(寝る)部分が水洗いできる素材のものを選ぶことをオススメします。

バウンザーのチェア部分は、赤ちゃんの汗が染みついたり、ミルクや母乳を吐き戻したりして、汚れてしまいやすいです。

常に清潔にしてあげたいので、水洗いでき、乾きやすい素材のものを選びましょう。

持ち運びしやすい

バウンザーは、家の中でも色々の場所で使いますし、外出時に持っていけると非常に便利なので、持ち運びしやすいものを選びましょう。

簡単に折りたたむことができたり、ママが片手で持ち運べる物だと使いやすいです。

リクライニングの調整ができ長く使える

バウンザーは、首が座る前から使えるものを選ぶと長く使用することができます。

リクライニングの調整ができるものだと、新生児のねんね期から使え、2歳頃には椅子代わりに使えるバウンザーもあります。

バウンザーを使用する時の3つの注意点

バウンザーを安全に使用するためにも、以下の3点に注意をしてください。

バウンザーは、とても便利で子育てのお役立ちアイテムですが、使用方法を誤ると赤ちゃんが怪我をしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

ママの視界に入るところで使用する

バウンザーは、ママや大人の視界に入るところで使用してください。

バウンザーに乗せると赤ちゃんがご機嫌だからと行って、長時間、赤ちゃんをお部屋に1人にして家事をしないようにしてください。

月齢にあった使い方をする

バウンザーを安全に使用するために、取扱説明書をよく読んで、月齢にあった使い方をしてください。

リクライニングの角度が月齢にあっていないと、危険ですので注意してください。

耐荷重を超えての使用はしない

バウンザーの耐荷重を超えたら、赤ちゃんをバウンザーに乗せないようにしてください。

また、お兄ちゃんやお姉ちゃんが、赤ちゃんのバウンザーで遊んでしまい壊れることもありますので、気をつけましょう。

バウンザー・オススメ2選

ベビー用品売り場に行くと色々な種類のバウンザーが並んでいます。

商品の機能や価格などから、一番良いと思えるバウンザーを選んでください。

数あるバウンザーの中からオススメの2点を厳選してご紹介します。

ベビービョルン バウンサーバランスソフト

ベビービョルンは、バウンザーや抱っこ紐が人気のスウェーデンのベビー用品ブランドです。

バウンサーバランスソフトは、首が座る前の生後1ヶ月~2歳まで使用できます。

リクライニングは3段階に調節が可能で、調節も片手で簡単です。

シンプルなデザインなので、リビングにおいてもインテリアの邪魔をしません。

シート部分は、洗濯機で水洗いができます。素材はメッシュやジャージなど選べます。

折りたたむとコンパクトになりますので、持ち運びも便利です。

専用のバウンザー用バッグも2,000円(税別)で別売しています。

カトージ イージーリクライニングバウンサーNewYorkBaby

デザイン性の高いベビー用品を取り扱ってるカトージのバウンザーです。

リクライニングが4段階に可能なので、新生児~体重15kg(3歳頃)まで使用することができます。

ソフトトイが付いているトイバーは、赤ちゃんが手や足を触れて遊んでくれます。

また、専用テーブルを購入すると離乳食を食べさせる時の椅子として活用することもできます。

もちろんシート部分が水洗いが可能なので、汚れも気になりません。

まとめ

バウンザーは、安価なものではないので、購入するか迷う方も多いですが、実際にバウンザーを使用したママ達からは、「バウンザーのおかげで助かった!」という意見も多く聞きます。

バウンザーは、新生児から使えるものを選ぶと長く使えますので、産まれる前に候補をチョイスしておき、産まれたら早めに購入して使い始めると良いでしょう。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2019 All Rights Reserved.