ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

赤ちゃんの服のサイズの選び方~正しく選んでベビー服の無駄を無くそう

投稿日:

赤ちゃん 服 サイズ

赤ちゃんの服のサイズの選び方が分からない・・・というママ&プレママのために。

赤ちゃんの月齢に合わせた服のサイズ選びの目安や赤ちゃんの服を選ぶ時の注意点についてご説明していきます。

赤ちゃんの服のサイズを買い間違ってしまうと、着れずに終わり無駄になることもありますので、気をつけたいですね。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

生後0~3ヶ月の赤ちゃんの服のサイズ

新生児~生後3ヶ月頃までの赤ちゃんの服は、50~60cmサイズを選ぶと良いです。

赤ちゃんの成長のスピードにもよりますが、体重5kgぐらいまでは、60cmで入ります。

赤ちゃん誕生前に、赤ちゃんの服を準備しますが、季節にあったものを必要な数だけ準備しましょう。

新生児はお出かけを頻繁にする訳ではありませんので、外出着はそろえほど多く必要ありません。

赤ちゃんは、汗をかきやすいので、特に夏場は肌着を多めに揃えておくと良いでしょう。

50~60cmサイズの服を着れるのは、約3ヶ月に本当の一瞬です。

あっという間にサイズアウトしてしまいますので、買いすぎに注意しましょう。

また、「お祝いで頂いたベビー服を着せないまま小さくなってしまっていた」、ということもよくありますので、気をつけてください。

生後3~6ヶ月の赤ちゃんの服のサイズ

生後3~6ヶ月頃までの赤ちゃんは、70cmサイズの服が良いでしょう。

ただ、ブランドによっては、70cmサイズを作っておらず、60cmサイズからいきなり80cmサイズにサイズアップする場合もありますので、実際に服の大きさを確認して買うと安心です。

体重9kgぐらいまでは、70cmサイズの服で入ります。

生後6~12ヶ月の赤ちゃんの服のサイズ

生後6~12ヶ月の赤ちゃんは、80cmサイズのベビー服を着せていることが多いです。

ベビー服の中では、80cmサイズの服を着せる期間が一番長いという声をよく聞きます。

80cmサイズは、体重10kg前後の赤ちゃんに適したサイズです。

80cmサイズになると取り扱っているブランドも増え、色々なデザインの服もあるので、ベビー服選びがまた一段と楽しくなります。

新生児から生後半年頃までは、赤ちゃんの動きも少ないので、大きめの服を着せてもそれほど影響は無いですが、生後半年を過ぎるとずりばいやハイハイをし始める赤ちゃんも出てきますので、赤ちゃんが動きやすいように、あまり大きめの服を着せないようにしてあげたいです。

生後12~24ヶ月の赤ちゃんの服のサイズ

生後1歳を過ぎると体の成長が早い赤ちゃんは、80cmを卒業して90cmサイズの服を着始めるようになります。

ただ、生後1歳頃になると赤ちゃんの体の成長のスピードにもずいぶん個人差が出てきますので、まだ、80cmサイズの服を着ている赤ちゃんも多くいます。

生後1歳頃になると赤ちゃん服の定番の「つなぎタイプ」を卒業して、上下に分かれた服を着せる機会も増えてきます。

赤ちゃんも動きが激しくなるので、ボタンを沢山とめる必要のあるつなぎタイプより、さっと履かせることができるズボンの方がオムツ替えが楽になります。

赤ちゃんの服のサイズ選び~服の種類別ポイント~

赤ちゃんの服を買う時には、服の種類によりサイズを変えてみると、無駄なく着せることができます。

服の種類別にサイズ選びのポイントをご説明します。

肌着

肌着は、一番下に着せるものなので、ジャストサイズのものを選んで着せてあげてください。

肌着は、長肌着・短肌着・ロンパスタイプなど、色々な種類があります。

赤ちゃんの素肌に触れるものなので、綿素材で乾きやすいものを選んであげると良いでしょう。

カバーオール

肌着の上に着せるカバーオールは、長く着せられるように少し大きめサイズを購入しても良いでしょう。

50~60cmサイズのカバーオールだと、すぐに着れなくなってしまうので、50~60cmサイズのものは必要最小限とし、70~80cmサイズのものを多めに準備しておくと良いでしょう。

足部分が、ズボン&ドレスタイプに使い分けができる2WAYタイプのカバーオールは、長く着せられるので人気があります。

ベスト

赤ちゃんの服の中で、大活躍してくれるのがベストです。

ちょっとした温度調節に活用できますので、ベストは最低1枚は準備しておきましょう。

ベストは、袖がないので少し大きめでも構いません。

寝る時に邪魔にならないように、飾りが少なくあまりゴワゴワしていない素材のものがオススメです。

外出用のカバーオール

冬場の赤ちゃんの外出に役立つのが、足まで隠れるタイプのカバーオールです。

抱っこ紐での外出時も、足元から全身を覆ってくれるので、寒さ対策になります。

外出用のカバーオールは、歩き出すようになると着るのを嫌がる場合が多いので、抱っこで外出する時期までの使用となることが殆どです。

ワンシーズンしか着ないので、その時のジャストサイズのものを選ぶと良いでしょう。

パンツ

パンツのサイズ選びは、赤ちゃんの体型によりマッチするサイズが異なるので、一番難しいです。

細身の赤ちゃんは、同じサイズのパンツを長く履くことができますが、ぽっちゃり体型の赤ちゃんは、ウエストやお尻のサイズが大きいので大きめサイズのパンツを選んで、裾を折り曲げて履くことが多くなります。

ウエスト部分はゴムで調節ができ、裾は折り曲げやすいものを選ぶと着せやすいです。

Tシャツ・トレーナー

Tシャツやトレーナーは、大きめサイズのものを袖を折り曲げて長く着せたいと思うママが多いです。

赤ちゃんの時期は、ボタンなどが付いておらず、脱ぎ着がしやすいものを選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんの服はブランドにより大きさに差があるので注意

赤ちゃんの服の大きさは、同じサイズでもブランドにより大きさが少しずつ違いますので、気をつけてください。

色々なブランドの服を着せてみると、自分のお子さんの体型にあうブランドが見つかるようになります。

素材・値段・サイズ感を比べてみて、良いと思うブランドを見つけておきましょう。

ネットで購入する場合は返品可のショップが安心

最近は、ネットショップで赤ちゃんの服を購入するという方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃん連れでのお買い物は、とても大変ですので、赤ちゃんが寝ている間にネットショップでゆっくりと赤ちゃんの服を選べるのは助かりますね。

ネットショップで赤ちゃんの服を購入する時には、サイズ表示を良く見てから購入しましょう。

実際に赤ちゃんが今着ている服と比べてみると、サイズ感がよく分かります。

また、ネットショップで赤ちゃんの服を購入する時は、サイズが合わない場合に返品可能なショップを選んで購入しておくと、「買ったのにサイズが合わなくて着せられなかった・・・」ということがないので、安心です。

ネットショップは、割引率が高い掘り出し物が意外と多く販売されているので、上手く利用できるとお得に買い物できますよ。

まとめ

赤ちゃん服はどれも可愛く、ベビー服選びは、とても楽しいですが、サイズ選びに悩むことも多いです。

サイズの選び間違いがないように、赤ちゃんの服のサイズは慎重に選びましょう。

また、安いからとセールで来シーズンのものを購入しておく方も多いですが、急に体が大きくなったり体型が変わったりする場合もありますので、買いすぎには注意してください。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2019 All Rights Reserved.