ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

新生児はしゃっくりが多い?原因&止める方法

投稿日:

新生児のしゃっくり

新生児のしゃっくりが多いのが心配というママ&パパへ。

今回は、新生児がしゃっくりをよくする原因としゃっくりを止めてあげる方法についてご説明していきます。

新生児がしゃっくりをすると不安になるでしょうが、慌てずに落ち着いて対応してあげましょう。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

「新生児のしゃっくり」どうして出る?しゃっくりの仕組み

新生児がしゃっくりをよくする理由を説明する前に、まず人の体からしゃっくりが出る仕組みについてご紹介していきます。

私たちが無意識にしている呼吸における空気を吸うという動きは、横隔膜が膨らんだり縮んだりすることで行われています。

横隔膜は肺の下にある筋肉で、横隔膜がけいれんをしてしまうと吸う動作が上手く行われず、しゃっくりが出てしまします。

横隔膜の動きが正常に戻ると、しゃっくりは治まります。

すなわち、しゃっくりは、横隔膜の動きの乱れによるものです。

新生児のしゃっくりの原因

新生児の体や生活スタイルは、大人と比べるとしゃっくりが起こりやすくなっています。

新生児がしゃくりが出やすい原因についてご説明します。

横隔膜が未発達

新生児は、横隔膜が未発達のため、少しの刺激でもけいれんを起こしやすくなっています。

横隔膜は、ミルクを飲んだ時に胃や食道が動くことにより、刺激を受けけいれんを起こしてしまいます。

おっぱいを飲む時に空気を吸い込んでしまう

新生児がママのおっぱいを飲む時に空気も一緒に吸い込んでしまうことがあります。

空気が胃に入り込むことで、胃が膨らみ横隔膜が刺激を受けてしまい、しゃっくりが出ます。

ミルクや母乳で膨らんだ胃が横隔膜を圧迫

赤ちゃんがミルクや母乳を飲んだ後にしゃっくりが出るのは、ミルクや母乳で胃が膨らみ横隔膜が下から押し上げられるからです。

大人でも、急いで食べてしまった時にしゃっくりが出ることがあります。

体温の低下

新生児の体温が低下すると、横隔膜がけいれんを起こしやすくなります。

また、室温の低下も、横隔膜のけいれんを引き起こすこともあります。

新生児のしゃっくりを止める方法~大人と同じ方法はNG!

新生児のしゃっくりを止めてあげようと、大人にするのと同じように、驚かせてみたり、背中を叩いてみることは、しないでください。

うつぶせに寝かせて背中を叩くのもNGです。

新生児にしてあげられる「しゃっくりを止める方法」をご紹介します。

げっぷを出させてあげる

新生児が母乳を飲んだ時に空気も一緒に吸い込んだことで、しゃつくりが出てしまっている場合には、げっぷを出させて、しゃっくりを止めてあげましょう。

げっぷをすることで、胃に入り込んだ空気が外にはき出され、横隔膜のけいれんが治まります。

まだミルクや母乳を飲むことに慣れていない新生児は、げっぷも上手にすることができませんので、授乳の後にママやパパが手助けをしてあげて、げっぷを出させてあげましょう。

新生児を縦に抱き、ママやパパの肩に新生児の顎を乗せて、背中を縦方向にさすってあげるとげっぷが出やすくなります。

げっぷを出すことで、しゃっくりの予防やストップになるだけでなく、ミルクの吐き戻しも防ぐことができます。

オムツを替えてあげる

新生児が体温が下がってしまったため、しゃっくりが出ている場合には、オムツを替えてあげるとしゃっくりが止まりやすいです。

オムツが濡れているとお尻の部分から体が冷えてしまいます。

最近のオムツは吸収力が高くオムツが濡れていても赤ちゃんは不快ではないと言われますが、体はやはり冷えてしまいます。

新生児の頃は、おしっことウンチの回数が多いですが、小まめにオムツをチェックして濡れているようなら変えてあげましょう。

体を温めてあげる

室温が低かったり、薄着をさせていたりして、体温が下がりしゃっくりが出てしまっている場合は、体を温めてしゃっくりを止めてあげてください。

窓をしめる、エアコンの設定温度を上げるなどして、新生児が過ごす部屋は、快適な空間にしておきましょう。

新生児の部屋には、温湿度計を準備しておくと新生児が過ごしやすい室内空間を維持してあげることができます。

また、赤ちゃんは暑がりなので大人より1枚少なめに洋服を着せてあげると言われていますが、過度な薄着は禁物です。

特に、朝晩は気温が下がりますので、ベストやカーディガンなどを羽織らせてあげるなど、調節をしてあげましょう。

新生児の体を触ってみて、手先足先だけでなく体全体が冷たくなっているようなら、室温を上げるだけでなく、布団を1枚多めにかぶせる、服を1枚多く着せるなど、体を温めるてあげるようにしましょう。

新生児のしゃっくりはいつまで続くの?

新生児の頻繁に出るしゃっくりは、いつまで続くのでしょうか?

新生児のしゃっくりは、横隔膜が未発達なことにより起こりますので、体が発達していくに従い、しゃっくりの回数は減って行きます。

ただ、赤ちゃんによりしゃっくりが出やすい・出にくいなど違いがありますし、横隔膜の発達のスピードも赤ちゃんにより様々です。

赤ちゃんのしゃっくりが出る回数や治まる時期には、個人差があると思っておきましょう。

新生児のしゃっくりは心配しすぎないで!

新生児のしゃっくりは、赤ちゃんの体の発達上仕方のないことなので、あまり心配しすぎる必要はありません。

新生児の様子をみて、機嫌が良く、ミルクや母乳をよく飲み、よく寝てくれるようでしたら、しゃっくりをしていても気にしなくて大丈夫でしょう。

新生児のしゃっくりで気をつけたい症状

しゃっくりをしている新生児が、しゃっくりだけでなく以下のような症状が見られる場合は、注意深く赤ちゃんの様子を観察して、赤ちゃんの様子次第では小児科を受診してください。

鼻が詰まっている

しゃっくりだけでなく、鼻が詰まっていて呼吸しにくい様子が見られたら、小児科を受診して鼻づまりを解消してあげましょう。

鼻が詰まっていると本来の鼻呼吸が上手くできず、寝づらかったり、ミルクや母乳が上手く飲めなかったりして赤ちゃんが可哀想な思いをしますので、早めに解消してあげたいです。

しゃっくりが何時間も続く

長時間しゃっくりが続く場合には、「難治性しゃっくり」の可能性が考えられます。

しゃっくりが長期間治まらない場合は、消化器系に何らかの異常が見られる場合がありますので、病院を受診しましょう。

消化器内科が専門医になりますが、まずはかかりつけの小児科で相談して、必要なら消化器内科の専門医や総合病院を紹介してもらいましょう。

また、インフルエンザが原因で難治性しゃっくりになっている可能性がありますので、赤ちゃんの体温や食欲などを観察してください。

しゃっくりと共によだれが出る

しゃっくりだけでなくヨダレも出ているなら、「逆流性食道炎」になっている場合があります。

逆流性食道炎は、食道の筋肉の一部の働きが弱まり、胃酸が食道に上がってきてしまう病気です。

ミルクの吐き戻しや嘔吐などの症状も併せて見られることがあります。

まとめ

新生児のしゃっくりは、親が心配するほど、本人は苦しくありません。ただ、親としては、赤ちゃんがいつもと違う様子を見せると心配になるものです。

オムツをまめに替えたり、室温や体温を調節することで、しゃっくりが止まることもあるので、試してみてください。

新生児のしゃっくりは、心配しすぎる必要はありませんが、赤ちゃんの様子の変化には気を配っておきましょう。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.