ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

保活

知れば安心!認定こども園のメリットとデメリットをわかりやすく説明

投稿日:

認定こども園のメリットとデメリット

みなさんは、認定こども園はどのような施設なのかご存知でしょうか。

保育園や幼稚園ならある程度把握しているけれど、認定こども園についてはあまりよく知らないという保護者が多いようです。子どもを預ける選択肢のひとつとして認定こども園の入所を考えているけれども、わが子を預けてもいいのか心配に思う母親が少なくありません。

母親であれば大切な子どもを預けることに対し、少しでも不安要素を無くしたいものですよね。今回は、認定こども園のメリットとデメリットについてご紹介いたします。プラスとマイナスの要素をそれぞれ把握し、選択肢の幅を広げましょう。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

認定こども園に預けるメリットって?

認定こども園のメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか。
認定こども園のメリットを知ることにより、安心材料が増えるかもしれません。

認定こども園は国が定めた認定基準を満たした施設

認定こども園は、国が定めた認定基準を満たした施設です。職員の人数や資格者、施設の設備等、国が決めた基準を満たさなければ認定こども園として運営することができません。

最近では、認可外保育園での悲しい事件や事故により、子供を預けることに不安を感じる保護者が多いですよね。国が認めた施設となれば不安要素は軽減され、安心して子どもを預けることができるのではないでしょうか。

保育園と幼稚園が持つよいところを併せ持つ施設

認定こども園では就学前の子どもが、保育園と幼稚園の両方の機能を受けることができるのです。つまり、保育園と幼稚園が持つよいところをそれぞれ併せ持つ施設と言えるでしょう。

多くの場合、幼稚園の時間帯では小学校に上がる為に必要な集団生活の基盤となる教育をし、その後は保育としての役割を果たしているようです。もちろん教育といっても、子どもの年齢によって生活リズムや保育方法は異なるため、子どもに無理がないように配慮されています。

働く母親にとっては保育施設として預けられるだけではなく、幼稚園の教育を受けられることは嬉しいことですよね。保育園と幼稚園のどちらの要素も兼ね備えた認定こども園に対し、魅力を感じる保護者は多いかもしれません。

専業主婦や求職中等就労の有無に関わらず誰でも入所が可能

専業主婦

認定こども園は、0歳児から就学前までの子どもが親の就労の有無に関わらず、誰でも入所することができる施設です。

今すぐにも働きたいという求職中の母親にとって、子どもの保育園が決まらないことは、死活問題とも言えますよね。たとえ仕事が決まったとしても、保育園が決まらないことにより働くことを諦めざるを得ない人もいるでしょう。

この場合、子どもを認可外保育園に預けるという選択肢もありますが、保育料の関係や“認可外”という不安要素が払拭できず、認可保育園に入所できることを待つしかないという人も少なくありません。

しかし、待機児童問題が深刻な今の時代、求職中での入所が難しいことが多いのです。保育園に入所するためには点数制になっており、フルタイムで働く女性が優先されます。これにより求職中の女性は必然的に点数が低くなり、保育園への入所がしづらくなるでしょう。

仕事が決まらなければ点数は低くなり保育園に入ることが難しくなるけれど、保育園が決まらなければ働くことができないという状況は暗中模索と言えますよね。

もし運よく求職中で認可保育園に入所できたとしても、自治体が定める一定期間内に働くことができなければ退園することになるため、焦燥感を持ちながら就職活動をする母親も大勢います。

認定こども園であれば親の就労の有無に関わらず入所することができるので、母親が求職中であっても子どもを預けることができるのです。これにより、働きたいけれど保育園に入れない…という悩みは改善されるでしょう。

それから、フルタイムで働く女性も会社の都合や妊娠等により、就労状況が変化することもありますよね。認可保育園であれば失業や、産休育休をとることで退園させられることもあるでしょう。

認定こども園では、母親の就労状況が変化し預かり時間は短くなったとしても退園することなく今まで通り子どもが通い続けることができます。

慣れ親しんだ環境で過ごせることは、母親にとっても子どもにとっても安心できることではないでしょうか。

認定こども園は入園できる可能性が大きい

認定こども園

認定こども園は待機児童問題解消の為に既存の幼稚園を移行させた施設なので、保育園よりも比較的入所できる可能性が大きいのです。

認可保育園では待機児童問題が深刻ですよね。たとえ認可外保育園であっても、地域によっては定員オーバーにより入所できないということもあります。

自治体によって名称が異なりますが、保育園に落ちたという“不承諾通知”が届き、長期期間待機児童に頭を抱える保護者は大勢います。1日でも早く子どもを保育園に入所させ、社会復帰を目指したいという母親にとっては辛い現実ですよね。

それとは反対に、少子化により幼稚園では定員割れしていることが多いようです。働く母親が増えてきたことにより、長時間預けることができる保育園の方が需要が高まっているのでしょう。

認定こども園は、待機児童問題の為に生まれた新しい施設と言えます。年々変化し続ける母親の働き方に合わせてできた認定こども園への期待は、今後更に高まるのではないでしょうか。

幅広い年齢の子どもたちが交流できる

幅広い年齢の子どもたちが交流できる

認定こども園では、幅広い年齢の子どもたちが同じ空間で過ごすことになります。自分とは違う年齢の子どもたちを触れ合うことは、子どもにとってよい刺激になるでしょう。

保育園では多くの場合、年齢ごとにクラス分けがされ他の年齢の子どもたちと交流する機会が限られます。幼稚園では同じ年齢以外の子どもたちと触れ合う機会はありますが、3歳以上から利用する施設なので年齢の幅は限定されてくるのです。

認定こども園で幅広い年齢の子どもたちと触れ合うことは、心の発達にも繋がるでしょう。
例えば子どもが自分よりもお兄さんお姉さんの姿を見ることにより、できなかったことができるようになることがあります。

それから、自分よりも小さい子どもをお世話することで、愛しむ心が芽生えてくるでしょう。兄弟がいない子どもにとって、このような体験は特に貴重な経験となるはずです。

認定こども園に通わせていない親でも育児相談や親子の交流が可能

親子の交流が可能

認定こども園は保育施設としてだけではなく、地域の子育て支援という役割も担っています。そのため、認定こども園に通わせていない親でも育児相談や親子の交流の場として利用することができるのです。

多くの母親は、子育てに対し多少なりとも不安を抱えているものです。誰にも相談できずに1人で全てを抱え込んでしまう人が少なくありません。幼いわが子と家にいることで社会と切り離されたようで孤立感を持ち、子育てが負担になっている人もいるのではないでしょうか。

認定こども園には、母親のストレス解消というメリットもあるのです。育児相談をしたり、同じような悩みを抱える母親と交流することで、心が軽くなったと感じる人もいます。それだけではなく、小学校に上がるうえでの情報交換の場としても有効です。

親のストレスは、子どもにとってあまりいい影響を与えません。認定こども園に足を運ぶことにより母親の育児に対する負担を軽減させることができれば、子どもだけではなく母親にも大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。

遊具が豊富にあるので子どもの遊び場が充実

子どもの遊び場が充実

既存の幼稚園を移行して作られた認定こども園には、保育園とは違い遊具が豊富だというメリットもあります。保育園にもよりますが園庭が狭いため、近所の公園に行って子ども達を遊ばせるところが少なくありません。

小さい子どもなら行動できる範囲は限られるので、ある程度の広さがあれば不自由さは感じないでしょう。しかし、大きくなるにつれてより活発になり、狭い空間では持て余すという子も増えてくるものです。

幼稚園から移行した認定こども園であれば施設内に豊富な遊具があるので、活発な子どもものびのびと遊ぶことができるでしょう。

認定こども園のデメリットって?

認定こども園のメリットは多くありますが、デメリットもいくつかあることを忘れてはいけません。
デメリットを理解して、認定こども園への入園を冷静に判断しましょう。

認定こども園は待機児童問題を解消するべくして新しく作られた施設ですが、申請しても必ず入園できるというわけではありません。

残念ながら現状では、認定こども園はあまり増えていないのです。それは、予算不足の関係や、運営側が幼稚園から認定こども園に移行するメリットを感じていないこと等が原因にあるようです。

子どもを預けるための受け皿が増えていなければ待機児童問題解消には至らないので、認定こども園だからといって必ず入園できるとは限りません。

保育園母親と幼稚園母親の関係がぎくしゃくすることがある

関係がぎくしゃく

認定こども園のイベントは、幼稚園のように平日行われることが多いようです。そのため、フルタイムで働いている母親はイベントの手伝いや当日参加すること、役員になること等が難しくなります。

このような状態が続くことにより、幼稚園の時間帯で預けている母親はフルタイムで働いている母親に対し不公平感を持つことがあるようです。

たとえフルタイムで勤務していなくても、家庭の事情や短時間パートをしている人たちが大勢いますよね。そのような状態の中でも時間を割いてイベント活動や父母会、役員として活動している母親が少なくありません。

認定こども園によってはフルタイムで働く母親に対し、不公平だと感じることで母親同士が対立し合うということもあるようです。

また、母親同士の懇親会が平日行われることが多いことも、対立してしまう原因のひとつと言えるでしょう。幼稚園の時間帯で預ける母親と保育園の時間帯で預ける母親がお互いに理解し合える場が少ないことにより、1度関係が拗れてしまうと修復が困難になってしまうのです。

利用料が高額になることもある

利用料が高額になることもある

場合によっては、認定こども園の利用料が保育園よりも高額になってしまいます。

例えば自治体によって保育料金を助成する制度があった場合、既存の幼稚園が認定こども園に移行するにあたり、この助成金がもらえなくなることがあるのです。そのため今までよりも負担額が大きくなります。

また自治体によって異なりますが、幼稚園の預かり時間以外で子どもを預ける時は追加料金がかかる場合があります。それ以外にも入園料や制服代、行事に伴う費用等、月々の保育料以外にも支払額が増えていくのです。

これにより、認定こども園の利用料が保育園よりも高額になり負担が大きくなると感じる人が少なくありません。

まとめ

認定こども園のメリットは多数あります。認可外での悲しい事件や事故が多い中、国で定められている一定の基準を満たした施設に安心感を持つ母親は多いのではないでしょうか。保育だけではなく、幼稚園としての教育機能もあるというのも大きな魅力のひとつでしょう。

認定こども園は、働く母親が増えている傾向に合わせてできた新しい保育施設です。是非大切なわが子を入園させたいと願う保護者が多いのではないでしょうか。

しかし認定こども園にもデメリットがあります。待機児童問題解消の為に作られた施設であっても、現状ではあまり幼稚園から認定こども園に移行している施設が増えていません。

そのため、申請したからといって必ず入園できるわけではないのです。自治体によって保育園と比べ負担額が増えることも悩みのひとつではないでしょうか。

今の自分の働き方を考え、親や子どもにとっていい方向に向かうような選択をすることがなにより大切です。認定こども園のメリットとデメリットを理解し、子どもを預ける選択肢を増やしましょう。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-保活

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.