ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

LD(学習障害)

学習障害は遺伝する?父親・母親・兄弟がLDだと確率は上がる?

投稿日:

LD 遺伝 確立

父親または母親のどちらかが学習障害であったり、学習障害の子供がいたりすると、「産まれてくる子供も学習障害なのかしら?」と考えてしまう方も多いでしょう。

今回は、学習障害の遺伝について、詳しくご説明していきます。ただ、学習障害を含む発達障害については、その原因などについて不確定な要素が多くなっているため、全てをはっきりと説明できるわけではありません。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

学習障害(LD)は遺伝する

LD 遺伝子

学習障害のある子供は、私たちが生活したり勉強していく上で必要となる「書く・読む・聞く・話す・計算・推論」のいづれかまたは複数の力が、同年代の子供に比べて一著しく低くなっています。

中には知的障害やASD・ADHDなど他の発達障害があることもあります。

近年、学習障害と診断される子供が増えてきていますが、これは学習障害の認知度があがったためで、昔は学習障害に気づかれず適切なフォローをされないまま大人になっていくケースが多くありました。

学習障害児の原因の一つは遺伝

学習障害は、先天的な脳機能の障害のため、その原因の一つは遺伝であるとされていますが学習障害が親から子へと遺伝するメカニズムは未だ解明されていません。

親や兄弟で学習障害の人がいると、学習障害の発症率が高くなることからも、学習障害の原因の一つとして遺伝が挙げられています。

ただ、学習障害でない親から学習障害をもつ子供が産まれることもあり、単純に遺伝だけで説明がつくものでもありません。

学習障害児は特定の遺伝子が原因ではない

学習障害が遺伝するメカニズムが容易に解明されない理由の一つとして、「学習障害はある特定の遺伝子が原因ではない」ということが挙げられます。

また、学習障害になりやすい体質の原因となる遺伝子が親から子への遺伝しても、必ず学習障害の症状が現れるという訳ではないとされています。

学習障害(LD)は遺伝だけが原因ではない

学習障害になる原因については、遺伝だけではないとすると、他にどのような原因が考えられるのでしょうか。まだ特定されていないことも多いので、さらに研究が進むことで、学習障害の治療に役立て欲しいですね。

学習障害は環境要因も原因となる

遺伝は、学習障害の原因の一つでありますが、全てではありません。
学習障害は、遺伝的要素の他に環境要因が合わさって発症するとされています。

ただ、発達障害の原因となる環境要因についても、その具体的な事例については、様々な説があります。

出生時に低体重で生まれたことや乳幼児期の病歴などが原因の一つではと考えられていますが、はっきりと特定されている訳ではありません。

双子は、低体重で産まれてくることが多いので、学習障害などの発達障害を持つ可能性も高くなるという考え方もあります。

学習障害は親の育て方が原因ではない

学習障害を含む発達障害の子供に対して、「親の育て方やしつけがなっていないせいだ」と心無い発言をされることがありますが、様々な研究により学習障害を含む発達障害は、先天的な脳機能の障害のため、親の育て方が原因でないことは明らかになっています。

現在は、学習障害に対しての世間の認知度も高くなってきているので、親を責める発言は減ってきていますが、少し前までは学習障害児に対して学校や社会で適切なフォローがされず、親の責任とされているケースが多くありました。

以前は学習障害そのものが見過ごされていた事例も珍しくありません。

兄弟や双子で学習障害(LD)になる可能性は?

LD 双子

学習障害の子供を持つ親は、「次に産まれてくる子供も学習障害なのかどうか」ということに対して、高い関心を持っているのではないでしょうか。兄弟や双子で学習障害になる可能性についてご説明していきます。

学習障害児の兄弟は必ずしも学習障害ではない

学習障害の子供が家に中に1人いるか2人いるかでは、親の負担が大きく違いので、兄弟間の遺伝については気になるところですね。

学習障害を持つ子供の兄弟が、必ず学習障害を持つということがありません。ただ、学習障害でない兄弟に対しても接し方に注意が必要です。

兄弟の中に学習障害の子供がいる場合、親が学習障害の子供のサポートの多くの時間を費やすことにより、他の子供が嫉妬をし親に反抗的な態度をとることもあります。

学習障害を持つ子供に対して、他の兄弟が攻撃的な態度に出てケンカが頻繁に起こる場合もありますので、親は兄弟の間が上手くいくように接してあげたいですね。

双子が必ず共に学習障害になる訳ではない

双子の場合は、一卵性双生児と二卵性双生児で共に学習障害となる確率に差があるとされています。

発達障害全体で見ると、一卵性双生児の場合2人とも発達障害をもつ確率は75~85%、二卵性双生児の場合2人とも発達障害を持つ確率は5~10%であるという研究結果も出ています。

双子は、産まれた時からいつも一緒で仲が良い反面、永遠にライバル同士だと言われます。仮にどちらかが学習障害であった場合、通常発達の子供のヤキモチは普通の兄弟より大きいかもしれません。

親は大変かと思いますが、2人に対してどちらも満足できるような接し方を心がけていきたいですね。

親子・兄弟間で異なる発達障害があることも

学習障害の原因の一つが遺伝となっていますが、他の発達障害との関連性はどのようになっているのでしょうか。

親や兄弟に学習障害を持つ人がいる場合、子供や兄弟が自閉症スペクトラム障害や注意欠陥多動性障害などの他の発達障害を持って生まれてくることもあります。

学習障害や自閉症スペクトラム障害・注意欠陥多動性障害を引き起こす遺伝子については、未だ特定されていないため他の発達障害との関連性も明らかになっていません。

学習障害(LD)は早期の発見と療養開始が大切

今後、学習障害の研究が進み原因が解明されることは、非常に望ましいことですが、学習障害の子供を持つ親にとって大切なことは、原因を知ることよりも、子供が学校や社会で困難が少なくなるようにサポートしてあげることです。

学習障害は、本格的に勉強を始める小学校入学以前はなかなか親も気づきにくいですが、お子さんの様子に他の子供と違う点が多いように感じたらできるだけ早く専門家に相談してみましょう。

より早く学習障害と診断されることで、早期に療育を開始できるため、より高い効果を期待することができます。

まとめ

学習障害の原因は、遺伝だけでなく、様々な環境要因が合わさってくるとされています。環境要因の中には、親の力ではどうすることもできないものが多いで、学習障害の子供が産まれてくるのを予防することはできません。

学習障害の子供に対しては、子供の症状にあった学習法を見つけてあげ、子供がより意欲的に学習に取り組めるようにサポートしてあげることが大切です。

今後、学習障害に対しての研究が進み原因が特定される日がくるかもしれませんが、研究だけでなく、学習障害に対しての世間の理解がより進み、学習障害を持つ子供や大人が学校や社会の中で生活しやすくなってくれると良いですね。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-LD(学習障害)

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.