ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子育ての悩み

赤ちゃんの寝返りはいつから?予兆と寝返りの促し方

投稿日:

赤ちゃん 寝返り

赤ちゃんがいつ寝返りをするのかな?とドキドキしているママ・パパの皆さんへ。

赤ちゃんが、寝返りをし始める目安の時期・寝返りをする予兆・寝返りを促す方法・寝返りをし始めた時の注意点など、赤ちゃんの寝返りについて詳しくご紹介してきます。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

赤ちゃんの寝返りはいつから?

赤ちゃんの成長は、非常に個人差が大きいものなので、寝返りをし始める時期も赤ちゃんのより様々です。

一般的に、育児書などでは、生後5~6ヶ月頃に寝返りをする赤ちゃんが多いと書かれています。

中には、生後3ヶ月頃に寝返りをし始める赤ちゃんもいますし、生後半年を過ぎてもあまり動きを見せない赤ちゃんもいます。

育児書などに書かれている情報は、あくまでも目安ですので、育児書通りに赤ちゃんが成長しないからと言って、あまり心配しすぎないようにしてください。

赤ちゃんはなぜ寝返りをするの?

寝返りは、赤ちゃんの成長にとって初めの大きな一歩とも言えます。では、なぜ赤ちゃんは寝返りを始めにするようになるのでしょうか?

下半身の筋肉が鍛えられる

大人は何気なくしている寝返りですが、赤ちゃんにとっては大仕事です。

今まで寝ているだけだった赤ちゃんの下半身は、もちろん筋力は殆どついていません。寝返りをすることで、下半身の筋肉が鍛えられて、ハイハイへと繋がっていくのです。

感情を表現する一つの手段になる

寝返りは、言葉を話すことができない赤ちゃんにとって意思表示のひとつです。

赤ちゃんが寝返りをするのは、機嫌が良い時が多いです。赤ちゃんは、嬉しい・楽しいという感情を寝返りをすることで、表しているのでしょう。

また、ママやパパに気付いて欲しい時に寝返りをすることもありますので、寝返りをしたら赤ちゃんの様子を見に行ってあげると良いでしょう。

赤ちゃんが寝返りをする予兆

赤ちゃんは、初めての寝返りの前に「そろそろ寝返りをするよー!」という予兆を見せてくれます。

赤ちゃんの寝返りが待ち遠しい方は、まず赤ちゃんが寝返りの予兆を見せていないか、赤ちゃんの様子をよく観察してみましょう。

足をバタバタと動かす

寝返りを始める前の赤ちゃんは、仰向けの姿勢で両足をバタバタと動かすようになります。

初めは弱々しかった動きも、次第に力強くなって行くでしょう。

赤ちゃんの寝返りは、足→上半身という順番で体を反転させるので、まず足の力を付ける必要があります。

赤ちゃんは足をバタバタと動かすことで、足の力を付けています。

体をくねらせる

寝返りの予兆として寝たまま体をくねらせる仕草をする赤ちゃんもいます。

くねくねさせる動きは、大人には何気ない動きですが、筋力が発達していない赤ちゃんにとっては、大きな進歩です。

全身を動かすことで、体全体の筋力をつけています。

体を海老反りさせる

赤ちゃんが、大きく海老反りするようになったら、寝返り完成までもう少しです。

赤ちゃんは、大人と比べて随分体が柔らかいので、初めて見た時はビックリするほど反り返っていますが、赤ちゃんにとってはしんどい体勢ではないので、心配しすぎないでください。

赤ちゃんが寝返りを始める前に準備しておきたいこと

赤ちゃんが急に寝返りが完成しても慌てなくてよいように、赤ちゃんが寝返りの予兆を見せ始めたら、お部屋を寝返り仕様に変えておきましょう。

落下防止対策をしておく!

赤ちゃんをベビーベッドに寝かせている場合は、【常にベビーベッドの柵は閉める!】ことを徹底してください。

また、大人のベッドに一緒に寝かせている場合には、【サイドにベッドガードを設置】して、赤ちゃんが寝返りをした時にベッドから落下しないように気をつけてください。

赤ちゃんが寝返りをし始めたら、ソファーの上など落下する可能性がある場所に赤ちゃんを寝かせるのは、絶対にしないでください。

窒息・誤飲防止対策をしておく!

赤ちゃんが寝返りするようになると、赤ちゃんの手の届く範囲が広がります。

今まで仰向けの姿勢では、手の届かなかったものまで、手の伸ばせるようになりますので、赤ちゃんが口に入れて窒息・誤飲をするある以下のようなものは、置かないようにしてください。

  • 丸いボールのようなもの
  • 小さなネジ・電池
  • タバコ
  • 食べ物(ピーナツ・グミ・ガムなど)

赤ちゃんの寝返りを促す方法

赤ちゃんに寝返りを早くして欲しいと考えるママやパパは、赤ちゃんの寝返りを促す工夫をしてみましょう。

赤ちゃんは、ママやパパがほんの少し手を貸してあげることで、寝返りをできるようになることもあります。

まず、寝返りの練習をする前に、赤ちゃんがいつもどちらの方向に顔を向けることが多いか、知っておりましょう。

いつも向いている方向に寝返りするのが、赤ちゃんにとって一番スムーズな方法です。

  1. 赤ちゃんが寝返りする方向と逆の足をもう一方の足の上に乗せて、足を交差させる
  2. 赤ちゃんが寝返りするのをサポートしてあげる
  3. うつぶせの姿勢になっと時に、寝返りした方向の腕が下敷きになっていることが多いので、その場合は、腕を抜いてあげる

赤ちゃんと寝返りを練習する時の注意点

赤ちゃんに寝返りの練習をさせる時は、以下の点に注意してください。

あまりママやパパが頑張り過ぎると、赤ちゃんも疲れてしまうので、気をつけてください。

固いマットや布団の上で行う

赤ちゃんに寝返りの練習をさせる時には、固いマットや布団の上で行ってください。

柔らかいマットや布団の上だと、赤ちゃんが足を取られて上手く寝返りできません。

赤ちゃんの機嫌の良い時にする

寝返りの練習は、赤ちゃんの機嫌が良い時間を選んで行いましょう。

もちろん、体調が悪い時には、練習はやめてください。

また、赤ちゃんが機嫌が悪くなったり、疲れた様子を見せたら直ぐに練習をやめてください。

食後や授乳の直後は避ける

離乳食や授乳の直後に寝返りの練習をすると、食べたものや飲んだものを赤ちゃんが吐き出してしまう可能性がありますので、少し時間をあけてから行うようにしましょう。

赤ちゃんが寝返りを始めたらうつぶせ寝に注意!

赤ちゃん 寝返り

寝返りをし始めたばかりの赤ちゃんは、寝返りから元の体勢に上手く戻れず、うつぶせのままになってしまう場合が、良くあります。

赤ちゃんが寝返りをし始めたばかりの頃は、できるだけ赤ちゃんから目を離さないように注意してください。

「乳幼児突然死症候群」のリスク

赤ちゃんのうつぶせ寝は、「乳幼児突然死症候群」のなる可能性があります。

「乳幼児突然死症候群」は、その原因について不明な点が多いですが、厚生労働省のホームページにも、「うつぶせ寝をしている場合のほうが、乳幼児突然死症候群の可能性が高くなる」と書かれていますので、気をつけてください。

寝返り防止グッズを活用しよう!

赤ちゃんのうつぶせ寝は心配ですが、夜中などはママもずっと見守っておくことができません。

赤ちゃんが、ママやパパが目を離している時にうつぶせ寝になるのが心配な場合は、「寝返り防止グッズ」を活用してください。

赤ちゃん用品店やネットショップでは、「寝返り防止グッズ」が販売されております。

また、大きめのバスタオルを両サイドからクルクルと丸めて真ん中に赤ちゃんを寝かせるだけでも、寝返り防止になります。

短期間しか使用しないものですので、バスタオルで代用できるのは助かりますね。

まとめ

小さな赤ちゃんが体をくるっと回して寝返りする様子は、本当に可愛いですね。

赤ちゃんの寝返りは、いつやってくるか分かりませんので、早めに準備や対策をしておきましょう。

また、寝返りをなかなか赤ちゃんがしない場合も、あまり心配せすぎることなく、赤ちゃんのペースでの成長を見守ってあげてください。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子育ての悩み

Copyright© ママはつらいよ , 2019 All Rights Reserved.