ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

保活

保育園に落ちたときはどうする?知っておきたい対処法

投稿日:

保育園に落ちた

4月から職場復帰する予定だったのに、自治体から送られてきたのは無情にも“不承諾通知”という保育園に落ちたという手紙だったという人はとても多くいます。保育園に落ちてしまうとこの先どうすればいいのかと、目の前が真っ暗になるものです。

「仕事をしなければ家計に響くのに…」「このまま職場復帰できなければ解雇になるかもしれない…」など、働きたくても子どもの預け先がなければ職場復帰できないと、先のことを考えると不安でいっぱいのはずです。

保育園に落ちたことに、悩んでいる場合ではありません。行動することで、保育園が決まることがあるからです。今回は保育園に落ちたときの、知っておきたい対処法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

二次募集を探す

自治体から保育園に落ちたという不承諾通知がきたらすぐに、二次募集をする保育園を探しましょう。保育園によっては、募集定員の枠を増やすところもあるでしょう。

また、突然の転勤や希望していた保育園に入れなかったことなど、様々な事情により保育園を辞退する人もいます。

それだけではなく、待機児童問題の深刻さを痛感し保育園に預けることを諦める人もいるので、二次募集に応募する人が減る可能性もあります。こうなると、保育園に預けられる可能性が広がりますよね。

そして二次募集を探すときは、家や職場から近くの保育園だけを探すのではなく、少し遠くにある保育園にも目を向けましょう。

保育園に申し込みをするとき、ほとんどの人が送り迎えのしやすさ、通勤に差し支えないかどうかを考慮して保育園選びをしていたはずです。

もちろん毎日子どもを送迎したり、何かあったときのことを考えると家や職場から近いほうがいいので、当然のことです。

けれども保育園に預けられなければ職場復帰できず、どうしても保育園に入園させたいと強く希望するのであれば少し範囲を広げることも必要です。

申し込みのときに考慮した“通いやすい保育園”から“少し頑張れば通うことができる保育園”まで、範囲を広げてみましょう。

これにより、希望する保育園の数が増やすことができるので入園できる確率が高くなります。ただし保育園に入園させたいからといって、現実的に考えて送迎が難しいところの申し込みは止めましょう。

保育園に落ちたことに対しての焦りから、冷静な判断ができなくなる保護者が少なくありませんが、なにより保育園は大切な子どもを預ける場所です。

送迎時間が長ければ、それだけ子どもへの負担も大きくなります。焦る気持ちは分かりますが、やみくもに保育園に申し込むのではなく、保育園選びは慎重にしましょう。

認可外保育園に問い合わせ

認可保育園に落ちたら、認可外保育園に預けることを検討しましょう。

まず認可外保育園をいくつかピックアップし、実際に保育園に問い合わせます。認可保育園の場合は各自治体に申し込む必要がありますが、認可外保育園の場合は各自で保育園に申し込まなければなりません。

認可外保育園に問い合わせたとき、定員に空きがあれば、保育園に預けることができます。

待機児童問題が深刻である地域では、認可外保育園の待機児童も大勢います。以前であれば、比較的に認可外保育園には入園しやすいとされていました。

しかし近年では、待機児童が多すぎて認可外保育園に入園させることが難しい地域もあるのです。お住まいの地域にもよりますが、認可外保育園の待機児童が多いところだと保育園への入園は不可能に思えてきますよね。

それでもまだ諦めるのは早いでしょう。なぜなら、保育園の入園に関する通知がくる時期は、認可外保育園に申し込むチャンスとも言えるからです。保護者の中には認可保育園に落ちたことを仮定し、前もって認可外保育園に申し込みしていることがあります。

このように、前もって応募していた人たちが認可保育園に入園が決まることで、次々と認可外保育園を辞退していくのです。そうすると認可外保育園の募集枠が増えるので、保育園に入園させることができます。

それだけではなく、認可外保育園に預けることで保育の必要性が高くなり、認可保育園に申し込みするさいに必要な点数が加点されます。点数が高い家庭ほど、保育園に入園できる確率が高まるのです。

育児休業を延長する

保育園に落ちた場合は、育児休業を延長することも検討しなければなりません。それでは育児休業の延長期間や、延長の仕方を見ていきましょう。育児休業は自動で延長されるわけではないので、自分から申し込まなければなりません。

育児休業はいつまで延長できるの?

育児休業は法の規定により、保育園に申し込みをしているが入園できない場合は、子どもが1歳6か月になるまで延長することができます。

けれども、育児休業を延長したからといって1歳6か月になって保育園に入園でき職場復帰できるとは限らないので注意しましょう。

保育園に入園しやすい時期は4月であるため、年度途中の入園は難しくなるからです。保護者の中には4月に合わせて、育児休業を早めに切り上げる人もいます。

育児休業を延長するには?

さて実際に育児休業を延長する方法ですが、これにはいくつか注意しなければならない点があります。もし万が一手続き方法を間違うと、延長することができなくなるので必ず確認しなければなりません。

まず、子どもが1歳になる誕生日の前日までに認可保育園への申し込みをし、入園希望日も誕生日前の日付でなければなりません。

そして、自治体から送られた誕生日以前の不承諾通知を職場に提出するのです。自治体から不承諾通知が発行されるまでには時間がかかるので、時間に余裕を持って行動しましょう。

もし入園希望日や不承諾通知の日付が1歳の誕生日よりも後の日付だと、育児休業を延長することができなくなるので注意が必要です。

次に繋げるためのポイント

保育園が落ちて待機児童になったからといって、そのまま何もせずに待ち続けると保育園に入園できる可能性が低くなります。次に繋げるために、今できることをしましょう。

就労証明書を確認する

保育園に申し込むとき、職場から就労証明書をもらっていたはずです。この就労証明書は、職場からもらったものだから、と確認せずにそのまま自治体に提出したという人が少なくありません。

けれども就労時間をよく見ると、実際働いている時間と異なっているというケースがあるのです。この場合、会社としては契約時間で就労時間を記入しているので、早朝勤務や残業などの時間外は書かれていないことがあります。

もちろん正しい記入方法ではありますが、会社に就労時間が短いと保育園に入園することができないことを伝えると、実際に働いている時間を書いてくれるところもあるのです。

就労時間が長いほうが保育の必要性を認められ、認可保育園に申し込みをするとき点数が加算されるので交渉してみましょう。

自治体に行き話をする

不承諾通知がきたとき、家で待機するのではなく実際に自治体に足を運びましょう。そして保育園に入園するための対策と傾向について、担当者ときちんと話をすることが大切です。

そしてこのとき、家庭や仕事の状況など保育園に入らなければならないことを切実に訴えるのです。そうすることにより、自治体によっては比較的に点数が低く、入りやすい保育園や申し込みの書き方などの対策を教えてくれることがあります。

もちろん自治体にいくときは、誠意ある対応を心掛けましょう。保育園に落ちたことで苛立ちや焦りを感じるものですが、そこで担当者に怒りをぶつけても保育園に入園できるわけではありません。

不快な思いをさせるような保護者に対して、担当者は親身になって相談にのってくれることはないでしょう。

まとめ

保育園に落ちると落ち込んでしまうものです。職場復帰への目途がたたないことは、保護者にとって不安でいっぱいでしょう。けれども、次に行動することが保育園に入園できる近道となります。

まずは希望する保育園の範囲を広げ、二次募集がないか探したり認可外保育園を検討しましょう。もし育児休業を延長するのであれば、子どもが1歳になる誕生日の前日までの日付の不承諾通知を職場に提出してください。

そして次に繋げるために、職場からもらった就労証明書の勤務時間を見直し、もし実際に働いている時間と異なれば相談してみましょう。また自治体に足を運び、今後の対策についても話し合うことも大切です。

このように、保育園に落ちて待機児童として待ち続けるのではなく、積極的に行動することが必要なのです。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-保活

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.