ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

ADHD(注意欠如多動性障害) 発達障害

ADHD(注意欠陥多動性障害)って?年齢別の特徴や支援の仕方とは

投稿日:

adhdとは

ADHD(注意欠陥多動性障害)という言葉は耳にした事があってもまだまだ理解されにくく、学校や家庭で支障をきたす事も多くあります。

今回は、ADHD(注意欠陥多動性障害)について多くの人に理解してもらえるよう年齢別の特徴や症状なども含めて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?

ADHDとは「AttentionDeficit/HyperactivityDisorder」の略称で注意欠陥多動性障害とも呼ばれます。

ADHDの特徴として、不注意・多動性・衝動性の3つの症状があらわれる障害です。また、知的な遅れは見られず感情や行動のコントロールができないという事も特徴のひとつとして挙げられます。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の3つのタイプ

adhd 症状

ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状の現れ方は不注意優勢型・多動衝動優勢型・混合型の3つのタイプにわかれます。

不注意優勢型の特徴

  • 物をなくしやすい
  • 些細なミスが多い
  • 忘れ物が多い
  • 集中力が続かない
  • ADHDである事に気づかれにくい

不注意優勢型のADHDは物をなくしやすく、授業や仕事中でも気が散りやすく集中力が続きません。一見すると注意すれば直りそうな些細なミスなどが多いのでADHDである事に気づかれにくいという特徴があります。

何度も些細なミスや不注意を繰り返してしまうが為に、学校でも叱られてしまう回数が多いので劣等感を抱きやすい傾向にあります。その為、うつ病を併発してしまったり引きこもりになってしまったりするケースもあります。

多動衝動性優勢型の特徴

  • 落ち着きがなく、授業中などでも立ち歩いてしまう
  • 貧乏ゆすりなどの身体を動かす事をやめられない
  • 些細な事で暴力を振るってしまう
  • 自分の事ばかり話し、おしゃべりを途中でやめられない
  • 順番を待つのが苦手で割り込みをしてしまう
  • 他人の物を勝手にさわってトラブルになる

多動衝動性優勢型のADHDの場合、特にじっと座っている事や順番を待つ事などが苦手です。何かが気になったり思いついたりすると衝動的に行動に移す傾向が強いのも特徴のひとつです。

些細な事で暴力や大声を出す事も多いので他の子とのトラブルになりやすく、反発的・攻撃的な子供だと判断されてしまいがちです。

外出中でも行動が衝動的なため、周囲の安全を確認せずに飛び出してしまう事もよくあるので危険が伴います。

混合型の特徴

  • 落ち着きがなくソワソワしてしまう
  • 順番やルールを守るのが苦手
  • 言いたい事を言えずに我慢してしまう
  • アスペルガー症候群との区別がしにくい

混合型のADHDは不注意優勢型の特徴と多動衝動性優勢型の特徴をあわせ持ち、ADHDの約8割がこのタイプだと言われていますが、どの症状が強く出るかは個人差があります。

早期発見はしやすいものの、アスペルガー症候群との区別がしにくいのでADHDと診断するのが難しいケースもあります。

年齢別にみられるADHDの特徴と支援方法

adhd 支援

ADHD(注意欠陥多動性障害)は年齢によって症状の表れ方や支援の仕方がかわってきます。
ここでは年齢別に表れる特徴とその対処の支援について解説します。
 

赤ちゃんのADHDの特徴(0歳~1歳頃)

  • 視線が合いにくい
  • 寝つきが悪い
  • 抱っこを嫌がる
  • 寝返りが多く、落ち着かない

赤ちゃんの頃にはまだADHDの症状がわかりやすく表に出る事はありません。この時期にADHD(注意欠陥多動性障害)であるという診断には至りません。

上記に挙げた特徴はADHD(注意欠陥多動性障害)であると診断された方々が赤ちゃんの頃に共通してみられた行動です。

このような行動はADHD(注意欠陥多動性障害)でなくとも見られる事があるので、上記の行動が当てはまるからと言って必ずしもADHD(注意欠陥多動性障害)であるとは言えません。

多動について気になるようなケースはわずかですが、もしも気になる場合は小児科や保健センターなどで専門家に相談してみましょう。

学齢前幼児のADHDの特徴(1歳~6歳頃)

  • 我慢が出来ず、怒りっぽくなってしまう
  • 落ち着きがなくじっとしていられない
  • おもちゃを投げたり壊したりしてしまう
  • 友達にちょっかいをだしやすい

集団での行動が多くなるとADHD(注意欠陥多動性障害)である事に気づくきっかけになります。しかし、落ち着きがなくじっとしていられなかったり、ちょっとした事で「かんしゃく」を起こしてしまったりする事は普通の子供でもある事です。

2~3歳は「イヤイヤ期」と呼ばれる時期でもあるので、よほど常軌を逸している状態でなければ成長過程においては正常と判断されます。

ADHD(注意欠陥多動性障害)と診断されるのは3歳以降になります。この時期の特徴的な行動は言葉だけで注意しただけでは同じ行動をくり返してしまいます。

保育園や幼稚園などでの集団生活の中で、他の子とのトラブルを起こしがちなので「ちゃんとしつけがされていないのでは?」と誤解されてしまう場合もありますが育て方やしつけの問題ではありません。

集団生活においてのルールや指示は絵や文字など目に見える形にして示すようにして、しっかりと注目させてから話すようにします。

また、破壊的・乱暴的な行動やかんしゃくなどは他人に迷惑を掛けてしまう場合にはあくまでも冷静に理由を聞いたうえでなぜしてはいけないのかを教えるようにします。

感情的に叱りつけてしまうのは逆効果になってしまい、問題行動が増えてしまうので禁物です。

小学生のADHDの特徴(6歳~12歳頃)

  • 授業中であっても席を立って歩き回ってしまう
  • 突発的な行動を起こす事がある
  • 友達とのトラブルが多い
  • 忘れ物や失くしものが多い
  • 怒りの感情をあらわにしやすい

何度も同じような失敗を繰り返してしまう傾向があるので注意される回数も増えてしまいます。

何度も注意をされているうちに劣等感を抱きやすくなってしまうので、事前にADHD(注意欠陥多動性障害)である事に対してしっかりと担任の教師や関係者からの理解を得ておく必要があります。

授業中に席を立って歩き回るなどの多動衝動性優勢型の特徴を持っている場合には、比較的刺激の少ない端の席や教師が気にかけやすい席にするなど環境を整える事がとても大事です。

小学生になるとADHD(注意欠陥多動性障害)の診断がはっきりとしてきます。周囲の大人だけではなく、同じクラスの子供たちから認められる事も必要不可欠になります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状はどうしても好ましくない所ばかりが目立ってしまいがちですが、ちょっとした事でも褒めるべきところをしっかり褒めるようにして担任の教師などと協力し、本人の自尊心を失わない工夫をしましょう。

中学生・高校生のADHDの特徴(12歳~18歳頃)

  • 自閉症や学習障害の併発
  • グループ行動が苦手
  • アイデンティティーの確立による自己否定
  • ルールに従えない

中高生になると多動性は少なくなります。しかし、集中する事が苦手で不注意などは持続していきます。この頃のADHD(注意欠陥多動性障害)の特徴的な症状は一見すると、普通の思春期や反抗期のようにも思えます。

それと同時にこの時期は自閉症や学習障害(LD)などを併発する可能性があるので、ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状が目立たなくなったからと言って油断はできません。

思春期になると普通の子と同じように他人と自分を比較しアイデンティティーを確立していきます。しかし、この事がきっかけで自己否定感や劣等感を抱きやすくなり、勉強への意欲が低下し学力が著しく下がってしまう事もあります。

他人との比較によって本人も自分が“他とは違う”事にも気づくようになるため、障害についての告知をどうすべきか迷う親も少なくありません。本人が理解できて受け入れられそうであれば早めに告知しましょう。

告知の際には「頑張れば治る!」などの過度に期待を持たせる言い方や好ましくない側面だけを伝えるような言い方をせずにバランスよく説明する事も重要です。正しい知識と適切な対処法をしっかりと伝えるようにして下さい。

本人が自身の障害を受け入れられない場合や他人と比較して劣等感を抱く事により不登校や引きこもりになってしまうケースも珍しくはありません。そのため、自身の障害を受け入れられるかどうかの見極めは非常に重要であると共に自尊心を失わないための工夫や思春期の不安定な気持ちに寄り添うことが必要です。


また、思春期の女の子の場合は女の子同士のグループに馴染めないケースもあります。男の子の場合よりも高いコミュニケーション能力を必要とする場面も多くトラブルになる事も少なくありません。

こういった場合には、身だしなみの仕方や“空気を読む”という事についても教えていく必要があります。そして、中高生にもなれば進学などの進路についても小学校進学の時よりも慎重に考えるようにしましょう。

大人のADHDの特徴(18歳以降)

  • 忘れやすい
  • 時間管理が苦手
  • 貧乏ゆすりなどの目的のない動作が多い
  • 手間がかかる仕事を後回しにしがち
  • 会議中などでも軽はずみな言動をしてしまう
  • 衝動買いをしてしまう

ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状が強く出ると時には仕事に支障をきたす事があります。

しかし、大人になれば親や周りからのフォローが少なくなってしまう一方で大人としての行動や責任を求まられてしまいます。とは言え、ADHD(注意欠陥多動性障害)だから仕事が出来ないと言う訳でもありません。

ただし、職場にADHD(注意欠陥多動性障害)である事を報告するかは慎重に考えなければなりません。

上司などからの理解を得られれば仕事をしやすい環境に整えてくれる可能性もありますが、偏見を持っていたり理解をしてもらえない場合や中には虐待を受けてしまったりするケースもあります。

万が一虐待を受けてしまったら、本人か周りの人が各自治体の障害者虐待防止センターなどに知らせましょう。すると、支援や指導を受ける事ができますが強制的に仕事から離されるようなことはありません。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は普通の人では想像もつかないようなアイディアを持っていたり、晴らしいひらめきをしたりする事があります。

独特の感性や行動力もあり興味のある事には思わぬ集中力を発揮する事もあるので、好きな事や得意な事を仕事に出来れば天職となり才能を開花させる事も出来るかもしれません。

様々な職業の中から特にADHD(注意欠陥多動性障害)が得意と言われる職業は研究職や「コンピュータプログラマー」「CGアニメーター」「広告関係やデザイナー」などです。行動力を生かせる営業職や販売職なども向いています。

逆に単調な事を繰り返す作業や持続的に集中力が必要とされる仕事、時間やルールが厳しくミスが許されない仕事などはあまり向いていません。

もちろんADHDの症状や得意・不得意にも個人差があります。就職先を決める際には、本人の得意とする事や苦手な事も考慮しながらハローワークの障害者雇用窓口などで相談してみるといいでしょう。

ADHDの診断基準とは?

adhd 診断基準

我が子に発達障害があるのかどうか気にはなるけど診断を受ける基準などがわからないという親も多いのではないでしょうか?ここではADHD(注意欠陥多動性障害)の診断基準について解説していきます。

ADHDの診断は4~5歳頃から

ADHD(注意欠陥多動性障害)は先天性の障害であるのにも関わらず生まれてからすぐにははっきりとした診断が出来ません。

2~3歳頃では障害がない子供でもじっとしている事が難しいことから診断を受けるのは4~5歳頃からが多くなります。また、この頃から多動や衝動性、言葉の遅れなどの特性がだんだんと明らかになってきます。

受診の基準は同世代の子供と比べて不注意・多動性・衝動性などADHD(注意欠陥多動性障害)の特性が目立ち、友達とのトラブルが多いなど日常生活に支障をきたしていて本人が生きづらさや困難を感じているかどうかになります。

大人になってからADHDと診断される場合も

子供の頃には気付かなかった場合でも大人になってから社会生活での支障をきたす事をきっかけにADHD(注意欠陥多動性障害)と診断を受ける場合もあります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)への理解やサポートが出来る環境が整っていれば問題なく社会生活を送る事が出来ますが、理解やサポート体制がない場合にはADHD(注意欠陥多動性障害)の特性によって何度もミスを繰り返してしまうせいで周囲からの評価が下がってしまうと共に自尊心まで傷ついてしまう恐れがあります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の診断を受ける事は社会的なサポートを受けるための第一歩にもなるので、早めの受診が必要不可欠です。

出来れば避けたい!ADHDに伴う二次障害

adhd 二次障害

ADHD(注意欠陥多動性障害)に対してまだまだ理解がされていない事も多くあります。

不注意や多動性・衝動性は障害の特性であるにも関わらず理解がされていないがために何度も叱られてしまう事が多いと自尊心や自信を失ってしまいます。

自信や自尊心を失ってしまう事によって様々な二次障害を引き起こしてしまう場合があります。ここからは、ADHD(注意欠陥多動性障害)に伴う主な二次障害について紹介していきます。

気分障害

気分障害とは気分に関する障害の総称ですが、ここでは主にADHD(注意欠陥多動性障害)の二次障害としてもっとも多いうつ病と双極性障害について説明します。

・うつ病

誰でも嫌な事やツライ事があれば落ち込む日もありますが、うつ病は日常で感じる一時的な気分の落ち込みではなくほぼ一日中でそれが2週間以上続いていて日常生活に支障をきたしている状態です。
気分だけでなく睡眠障害や疲労感・倦怠感など身体にも症状が現れます。

・双極性障害

躁うつ病とも呼ばれますが、うつ病とは違い処方される治療薬も違います。うつ病のように気分が沈み無気力なうつ状態と極端に活発で気分が高揚している躁状態を繰り返します。

明らかに普段よりも気分の高揚さが見て取れる双極Ⅰ型障害と注意して見なければ気付かない様な比較的躁状態が軽い双極Ⅱ型障害に分類されます。

不安障害

過剰な不安や恐怖によって日常生活に支障をきたす疾患の総称です。不安障害の中にはパニック障害や社会不安障害、全性不安障害や恐怖症などが含まれます。 

人格障害

人格障害はパーソナリティー障害とも呼ばれ、その症状は様々ですが症状の出方をアメリカの精神医学会によって大きく3つのタイプに分けられています。

  1. 風変りな考え方や行動が特徴的なタイプ (妄想性・統合失調質・統合失調型)
  2. 感情が激しく不安定・演技的なタイプ (自己愛性・演技性・反社会性・境界性)
  3. 不安や恐怖心が強いタイプ (回避性・依存性・強迫性)

解離性障害

ADHD(注意欠陥多動性障害)と解離性障害との関係は複雑で、虐待が原因で解離症状が生じた結果ADHDのような症状が出る場合もあればADHDのせいで虐待されて解離症状を引き起こす場合もあります。

解離性障害の症状は非常に様々ですが、代表的なものは次の通りです。

  1. 離人症性障害/現実感喪失
  2. 解離性健忘/解離性遁走
  3. 解離性同一障害(多重人格障害)

PTSD

PTSDとは過去に負ったトラウマの後遺症として発症するストレス障害です。

ADHDの人はストレス耐性が低い事や事故に遭うリスクが高いため、二次障害としてPTSDを発症する可能性も普通の人より高いと言われています。PTSD一般的にPTSDと呼ばれるのはPTSD(心的外傷後ストレス障害)とC-PTSD(複雑性PTSD)の2種類です。

1.PTSD(心的外傷後ストレス障害)

主に単発的で短い期間の災害や事件・事故などの命に関わる恐怖体験が原因です。

2.C-PTSD(複雑性PTSD)

長期にわたって精神的な圧力をかけられる事が続くと発症する可能性があります。虐待や家庭内暴力などが主な原因です。

PTSDの主な症状としては前触れもなくトラウマになった経験を思い出すフラッシュバック(追体験)や、悪夢をみるようになる事などが挙げられます。上記で紹介している解離性障害もPTSDの症状に含まれる場合があります。

適応障害

適応障害とは悪い事だけではなく良い事であっても生活に変化がある事にストレスを感じ、そのストレスに適応できないが為に生じる障害です。

適応障害はストレスに対して適応できない事が根本なため、特徴的な症状というものがなくストレスによって生じうる症状が適応障害の症状とも言えます。 

依存症

依存症とは日常生活に支障をきたしているのにも関わらず特定のものにのめり込み、自身ではそれをやめる事が出来ない状態の事です。

代表的なものとしてアルコール依存症や薬物依存症、ニコチン依存症などが挙げられます。最近ではインターネット依存症やゲーム依存症なども増えてきています。

反抗挑戦性障害

ADHDと反抗挑戦性障害は強い関連性があり、年齢を重ねるにつれて併発する可能性が高くなります。

反抗挑戦性障害の特徴的な症状は反抗的で敵意をあらわにした行動です。かんしゃくを起こしたり、些細な事でイライラして腹を立てたりもします。ADHDの子供がその家族との衝突が多い場合には反抗挑戦性障害を併発している可能性があると言えます。

行為障害

素行障害(CD)や素行症とも呼ばれ、決められたルールに従えず反社会的な行動を起こし続けるという特徴があります。

行為障害の症状で主なパターンは以下の4つです。

  1. 人や動物に対して攻撃的な行動(強盗、凶器の使用、人や動物に対する残酷な行動など)
  2. 破壊的な行動(意図的な放火や他人の所有物の破壊など)・嘘や窃盗
  3. (無断で入る事を禁じられている場所への侵入や利益のための嘘、万引きなど)
  4. ルール違反 (門限が決められた中での夜間の外出、学校の無断欠席、家出など)

ADHDの二次障害は自信や自尊心を失わなければ発症の可能性は低くなります。二次障害を発症してしまった場合のそれぞれの対処法や治療法については別ページにて詳しく解説しています。

ADHD(注意欠陥多動性障害)は治るの?

asd 診断

ADHD(注意欠陥多動性障害)は先天性の障害であり、生まれ持った特性とも言えます。治療によって根本的に治るという事はありません。

しかし、早期の正しい診断と適切な治療をする事によって生きづらさや精神状態の不安定さなどを緩和していく事が出来ます。ADHDの治療には本人の努力や工夫、周囲のサポートが必要不可欠です。

治療の効果はすぐに表れませんが周りの人たちにADHD(注意欠陥多動性障害)の症状について少しずつ理解してもらいながら適切な対処をする事で徐々に出来る事が増えると自信にも繋がります。

少しずつでも何かが出来るという自信が持てるという成功体験の積み重ねも治療の上ではとても大事です。

先天性の障害であるがゆえに完治は難しいとされていますが、適切な治療と周囲のサポートや本人の努力次第では完治に近い状態まで辿り着ける可能性は十分にあります。

ADHDかな?と思ったらまず相談

ADHD(注意欠陥多動性障害)かな?と思ったらまずは専門家や医師に相談してみましょう。子供のADHD(注意欠陥多動性障害)の場合には、小児科や小児精神科などで受診が可能です。

全国にある発達障害者支援センター・保健センター・子育て支援センターや児童相談所でも相談する事が出来ます。大人の場合には、心療内科や精神科・精神神経科、メンタルクリニックなどで受診できます。

直接窓口へ訪問しなくてもインターネットで相談できるところもあります。相談をする事でADHD(注意欠陥多動性障害)の早期発見や早期治療に繋がり、対処の仕方なども知る事が出来ます。

もしかしたらADHD(注意欠陥多動性障害)なのでは?と思ったら悩みを抱え込まずに相談してみましょう。

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-ADHD(注意欠如多動性障害), 発達障害

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.