ママはつらいよ

子育てのお悩みが解決できるブログ。ママは悪くない!

子供の発達障害かも(未診断)

何度言っても同じことを繰り返す子供は病気?ADHD?親の対応は?

投稿日:2017年5月7日 更新日:

同じことを繰り返す

「子供が何度注意しても同じことを繰り返す」とお悩みの方へ。子供が同じ失敗を繰り返していると、初めは怒っているだけですが、次第に「もしかして病気?」と心配になりますね。ADHDとの関連や親が取るべき対応についてご説明していきます。

スポンサーリンク

ママはつらいよ! 336px

何度も同じことを繰り返す子供はADHD?

発達障害の一つである、ADHD。何度も同じことを繰り返す子供は、ADHDを疑った方が良いのでしょうか。関連性についてご説明していきます。

ADHDと同じことを繰り返すことの関連性

ADHDの子供に見られる症状の一つに、「何度注意しても同じ行動を繰り返す」というものがあります。また、注意されたそばから、同じことをしてしまうという場合も多いです。

■具体的な行動の一例をご紹介しておきます。

  1. 忘れ物ばかりする
  2. 身支度(着替えなど)が全然進まない
  3. 食事中にお茶や汁物をこぼす
  4. 授業中に立ち歩く
  5. テストの名前を書き忘れる
  6. モノをよく無くす

特に、忘れ物が多いというのは、ADHDの子供によくみられる症状です。

ただ、ADHDと言っても色々な症状がありますので、一つの行動だけですぐにADHDと結び付けられる訳ではありません。

ADHDとは?

ADHDは、英語で「Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder」と言い、その頭文字をとってADHDと呼ばれています。

日本語では、「注意欠陥多動性障害」と呼ばれ、発達障害のひとつです。障害と判断される時期は人それぞれですが、先天性の障害ですので、大人でもADHDの人はいます。

ADHDの子に見られる症状

ADHDの症状は、以下の3つに大きく分けられます。「同じことを繰り返す」という行動は、「1.不注意」に分類されます。

周囲から誤解を招くことも多いですが、いづれの行動も本人が悪意があってやっているのではありません。

1.不注意

  • 集中力がない(自分の興味があることに対しては高い集中力をみせる)
  • 忘れ物が多い
  • 片付けや整理整頓ができない
  • 注意さんまん
  • すぐに気が散る
  • ものをよく無くす
  • 人の話を聞いていない

2.多動性

  • 落ち着きがない
  • 公共の場で騒いでしまう
  • 必要以上におしゃべりをする(自分の言いたいことだけを一方的に話す)
  • ソワソワと体を動かす
  • じっと座っていることができない

3.衝動性

  • 急に暴力をふるうなど乱暴になる
  • 順番待ちができない
  • お友達と遊んでいるのにオモチャを独り占めする
  • 人のモノをいきなり奪う
  • 周りの空気を読まずに思いついたままに発言する
  • 集団でのルールが守れない

ADHDを疑った時の相談先

子供の行動に、「同じことを繰り返す」ということやその他のADHDの子供に見られる行動がみうけられた場合は、一度専門家に相談をしてみるとよいでしょう。自治体で実施される3歳児健診などが、近い時期にある場合は、そちらで相談してみるのもよいですね。

いきなり小児科や大きな病院を受診するのではなく、無料で相談を受けることができる以下の公共の施設で相談してみることをおすすめします。

  1. 市町村保健センター
  2. 子育て支援センター
  3. 児童相談所
  4. 発達障害者支援センター

子供の症状などにより必要に応じて、医療機関を紹介してくれることもあります。これらの相談機関の紹介を受けた方が、医療機関の受診もスムーズにできます。

電話での相談を受け付けているところもありますので、まずはお住いの地域の相談先を調べてみてください。

相談する際に準備すべきもの

子供のADHDについて保健センターなどに相談に行くと、子供が産まれた時から現在に至るまでの様子などを聞かれます。事前に特に気になったことや幼稚園や学校の先生から指摘されたことなどをメモしておくと、スムーズに話ができます。

また、以下のものは持参していくようにしましょう。

  • 母子手帳
  • 学校の通知表

同じことを繰り返す行動は直るの?

同じことを繰り返す

子供が同じことを繰り返したり、落ち着きが無かったりすることは珍しいことではなりません。むしろ、どんな子供でも多少見られる行動です。

子供の同じことを繰り返すという行動が、単に成長の過程の一つの特徴にすぎない場合は、子供が成長するに従い無くなっていくでしょう。

例えば、幼稚園の頃は教室から勝手に出て行っていた子供が、小学生になると授業中にきちんと座っているようになる、ということはよくあります。

また、子供の何度も同じことを繰り返すという行動がADHDが原因によるものであった場合も、きちんとしたサポートを受けさせてあげることにより、年齢があがるにつれて落ち着いてくることも珍しくありません。

そのためにも、子供に気になる症状がみられた場合には、早めに専門家に相談をしてみることが大切になります。

同じことを繰り返す子供への親の対応は?

同じことを繰り返す

ADHDは、産まれながらの障害ではありますが、親や周囲の人の接し方次第で改善していくことが出来ます。逆に言うと、親や周囲の人のが接し方を誤ると、症状が更に悪化していくこともあるということです。

子供の問題行動をできるだけ少なくしていくために、以下のポイントに気をつけて接するようにしてください。

失敗を頭ごなしに叱らない

毎日のように忘れ物をする子供に対して、「何で忘れ物ばかりするの!」と頭ごなしに怒ってばかりいると、子供の自尊心はどんどん低下していきます。

ADHDの子供は、褒められることにより前向きに行動するようになりますが、叱られるとどんどん自信を喪失してしまう傾向にあります。

できた時は褒める

子供が、失敗せずにきちんとできた時、例えば、1日忘れ物が無かった日などは、思いっきり褒めてあげましょう。褒められることの積み重ねにより、子供に自信がついてきます。

また、出来た日は、カレンダーに出来たよシールを貼ったり、花マルをつけたあげるなど、ご褒美があると、やる気がでるかもしれませんね。

失敗を無くすように導く

子供が失敗をしてから注意するのではなく、子供が同じ過ちのしないように導いてあげることも大切です。

例えば、忘れ物が多い子供には、持ち物リストを絵に描いた表にして目立つ場所に貼っておき、朝その表を見ながら準備をさせてみるのもいいでしょう。言葉や文字よりも絵の方が視覚に訴えるので、分かり易いですね。

まとめ

子供の発育のスピードは、それぞれ個人差がありますが、親はついつい他の子供と自分の子供を比較してしまいますね。子供のチョットした行動に不安を覚えることもあります。

比較しすぎることは、よくありませんが、お子様の他の子供と異なる行動にいち早く気が付いてあげれるのも親です。

子供に何度も同じことを繰り返しても直らないという行動が見られたら、早めに専門家に相談することで、よいサポートが受けられ、改善することがあります。

子供が必要以上に劣等感を持つことのないように、親が子供に寄り添った対応をしてあげることも大切になります。また、adhd対策として子供にサプリメントを飲ませるママも増えています。

参考adhdに効くサプリで人気のコドミンの副作用や効果について

ママはつらいよ! 336px

ママはつらいよ! 336px

おすすめ記事

PS 効果 1

発達障害は、いまだ完治することができる治療法が確立していません。 そのため、発達障害がある子供がいる方は、どのような方法で症状が改善するのか悩まれることも多いでしょう。 今回は、栄養療法で試されるホス ...

コドミン 2

adhdの症状は叱る事や注意する事で一時的に抑えられたとしても、解決には至りません。叱られた子供にとっても自尊心を失うきっかけになってしまいプラスになる事がありません。 そんな時、サプリメントを摂取す ...

学習障害 サプリ 3

学習障害がある子供を持つ親なら、子供が少しでも困難な状況から抜け出せるように手助けをしてあげたいと思われることでしょう。 「サプリメントや栄養療法は、子供の学習障害に本当に効果があるのかしら?」と、関 ...

-子供の発達障害かも(未診断)

Copyright© ママはつらいよ , 2018 All Rights Reserved.